日本語こちら / スマホの場合は、↓にスクロール



What's goin' on?!

I'm starting to hear the buzzing of Marvin Gaye's voice in my ears.
I mean, seriously. The Wall Street Journal wrote an article US asks PM Abe not to visit the Yasukuni shrine today, and I was simply appalled. What's happened to the United States of America, the country of "FREEDOM & DEMOCRACY?" An one sided attempt to enforce pressure on PM Abe not to mourn the souls of those who offered their ultimate sacrifices for their nation!? Beg your pardon me!? If what is written on this article is true, it is nothing but an insult to the war veterans of my beloved nation. Guys, such an act is not only reprehensible, but an intervention of internal affairs. As a Democracy advocate, I believe America's move is deceitful as an "ally" of Japan. To my knowledge the Obama administration is not making a "pivot to Asia", but instead are “pivoting to stand by the communist's side". I am deeply concerned about the lack of knowledge and respect towards "human soul and the deceased" among those in charge in Washington. Boy, am I exasperated.


3 days ago on top of a Swiss mountain, PM Abe reiterated that 10% per annum increase in Chinese military budget is indeed a threat and a provocation to peace and security within the region. I totally agree. Don't you!? Why on earth would anyone need to boost its military expenditures and show off its military muscles for 20 years in a row?! Asia needs peace, not a damn ICBM.

Unfortunately, Beijing is not a normal country. I am no racist nor a right wing nationalist, but the ongoing reality of Tibetan genocide today is just one example of their harsh, brutal authoritarian rule, needless to mention oppression in the Muslim Xinjiang province. South Mongolia has also been invaded by the Chinese ethnic cleansing by the Han tribe. They coerce Chinese as an official language there, neglecting the Mongolians in every aspect.

Now, today, I would like to make one thing crystal clear as one outspoken Samurai of the 21st century- that there is absolutely no need whatsoever to "apologize" or "regret" for visiting the Yasukuni shrine. What?! You work for the western corporate media? Oh, that's perfect.


Let me explain why.






Monty Python & the Communist Chinese government

First, let me unequivocally insist that it is funnier than any Monty Python joke or Terry Guiliam's stand up comedy when Beijing and Seoul defiantly rebuke Tokyo for "Japan's PM visiting the Yasukuni". They are somehow abnormally obsessed with this issue, with evil shallow minded intentions to use it as a stick to bully Tokyo to meet its domestic ends. ( I repeat. I'm no racist guys, but an advocate for Democracy and human rights)

Sadly I have never been to Washington D.C, but I do know the name of a prominent professor from the university there. Mr. Kevin Doak. That's his name. . One handsome American Catholic Professor from the Georgetown University has previously conveyed his ultra deep insights regarding this controversial issue. Needless to say, a brave act of significant importance.
Yes, ladies and gents, I am honored to introduce you some of the quotes from the book Yasukuni - the War Dead and the Struggle for Japan's Past . Professor Doak takes off as follows.


"Atheist Communists were already prominent at the start of the 20th century across the world, of course, and nowhere more so than in the Soviet Union. The Communist Party rules China to this day, and atheism predominates there too - along with a very incomplete humanism". (P.53)


Well, we the people of the modern civilized world know that the Chinese authoritarian government is "inhumane with incomplete humanism" to this very day. Just watch Brad Pitt's "7 years in Tibet" or call Mr.Dalai Lama. 1989 Tianammen massacre. Nobel Peace Prize laureate Liu Xiaobo is currently serving his 11 year sentence for promoting Democracy and human rights. What a great country, indeed - the only Nobel Prize Winner to be in prison! Hurray! Btw, it is another British joke that the Chinese Ambassador to Britain's name is Liu Xiaoming....... pretty much resembles Mr. "Liu Xiaobo". Ambassodor "Liu Xiaoming" '= Chinese authority side to send an advocate for Democracy and human rights is not only inhumane, but also an act of evil - like crimes committed by Voldemort. And here again, it is another "Harry Potter British Joke" for this "Liu Xiaoming" to condemn PM Abe's visit to the Yasukuni Shrine and calling Japan "Voldemort" when his own government is imprisoning "Liu Xiaobo".




Did Winston Churchill "fight with the Communists?!"

Besides guys, it is a well known historical fact that Britain didn't fight war "with" China against Japan as Mr.Xiaoming jotted down on the Daily Telegraph article above! Britain during WW2 never fought along with the Communist Chinese during WW2, simply because Mr.Winston Churchill simply HATED the REDS. Sir Winston fought with the Kuonmintang Nationalists -as you see in this 1943 Cairo Declaration photo. Churchill is sitting along with Chiang Kai-Shek, the leader of Kuomintang "Nationalist" Army, not the Communists. Therefore, Ambassador Liu Xiaoming's assertion is nothing but a blatant lie. Dear readers, never be fooled by Chinese "hypocrats" (not diplomats). They are the masters of farce and fabrication, like creating "HONGDA" motorcycles and SQNY music players.







Ms. Aung San Suu Kyi has never condemned the Yasukuni


For those mighty readers quite unfamiliar with this controversial issue, let me be explicit on the fact that it is only China and Korea that are indeed "abnormally" obsessed with Yasukuni. It quite often seems to me as though they are smoking POT whenever they become overwhelmingly hysteric whenever they talk about WW2 - ridiculously tainted with some kind of subservient inferiority complex, especially the Koreans. ( Again, I repeat. I'm no racist guys. Freedom of speech rocks, thats all) The phrase often used by the western corporate medias - "Yasukuni visit angering the Asian neighbors" is in that sense incorrect. Only 2 out of 20 Asian nations criticize PM Abe's visit, which makes these two countries look like Harry Potter without hair. Have you ever heard Ms.Aung San Suu Kyi of Myanmar or Indonesian leaders rebuke the visit? Never. Thailand and the Philippines, the same. It is a mere concrete historical fact that Aung San Suu Kyi's father - General Aung San demanded military support from Hideki Tojo and the Imperial Japanese Army in the early 1940's to gain independence from the harsh British colonial rule. He even visited Tokyo in 1943 to seek top notch military assistance from Japan. In order to view history from an impartial perspective, we've got to see the past from various angles, indeed.


Now, let us move on.
Beijing's political tactic to denounce Tokyo is by using the "A Class War criminals logic". Professor Doak of the Washington D.C's Georgetown University states as follows.






Who are the Class A War Criminals?! One "Catholic American" point of view

"On the question of the Class A war criminals, it is an indisputable fact, as Massachusetts Institute of Technology (MIT) Professor, John Dower, has pointed out, that the verdicts of the Tokyo War Crimes Tribunal that defined them as such were a case of victor's justice. The legitimacy of the verdicts is highly questionable from a legal perspective, given that they were judged according to "ex post facto law" ; it is only natural that some Japanese oppose the verdicts, even though they do not necessarily justify the war. (P.57)


The mighty Catholic American Professor continues.


"The distinction between the different grades of war criminals, Class A, B and C , is utterly meaningless. Can the Class A criminals be three times worse than the Class C? Every human is born after all with original sin. I have neither the intention nor the right to condemn the actions of deceased soldiers like Tojo Hideki, but certain leaders of communist China seem convinced they have the right to pass judgement on deceased individuals on the grounds that they (or their fathers or mothers) were victims half a century ago. But today the Chinese government severely suppresses religious freedom, even imprisoning Catholic priests and bishops. Is the real threat to peace and human dignity in East Asia today from annual visits to a Shinto shrine by a democratically elected Prime Minister?" (P.66)


Guys, I cannot agree more to the bright intellectual who in a way resembles Hollywood actor Dustin Hoffman.
"Mr. Hoffman", or the "Rainman" accelerates.


"How can we explain the fact that the embalmed corpse of Mao Tse-tung, who killed twenty million of his own people, is desplayed in Tianammen Square to be worshipped, even though Communists do not believe in human soul? What is the point of venerating a corpse that has no soul? Prime Minister Koizumi never mowed down his own people with tanks like the Chinese leader did; quite the contrary; his Japanese Self-Defence Forces risked their ives as part of international peace-keeping activities in Iraq and elsewhere. The hypocrisy of the Chinese government is a thing to behold". (P.67)


Absolutely.

Communist China's hypocrisy can be proven for example by some concrete evidences from the NY Times. Former Premier Wen Jibao is said to control over $2.7 billion. According to this article, former Chinese President Jiang Zemin who fabricated, strengthened and "created history" in order to arouse anti-Japanese sentiment in public schools and museums is also "Mr.Corruption". These Communist leaders don't really give a damn about social injustice nor inequality among its people. Greed to benefit from its fragmented system is all that counts.

Since we do live in a Democratic world of free speech and diversity, there is never a 130% accurate view of history. Though the western media often rebukes Japan's wartime past as brutal and militaristic, they somehow seems pretty reluctant to apologize nor deliver the truth related to the atrocities of their own ancestors. whether as Tokyo has persistently expressed remorse and apology to Beijing and Seoul on dozens of occasions.
But their reply is never changes. "Tokyo hasn't apologized enough", period. Since these two nations use these whole history issues to meet their political ends, its now getting totally out of hand guys. It's becoming nothing but a "shallow minded bully game" that simply neglects concrete evidences and testimonies.

As it says in the bible, we are all sinners.

I do not justify everything Japan did during WW2, but I do of course deny the fact China and South Korea rebuke us pretending they themselves are "Holy Saints". (LOL!)

And if the West is eager to continue denouncing Japanese PM's visiting the Yasukuni "because of the Yushukan museum", I believe that he should also introduce the following remarks by Professor Doak. "The anti-Japanese museums throughout the PRC are an even more outrageous example of the distortion of history in the interests of nationalism. Compared with these Communist bloc museums, the Yushukan displays are more factual and sombre".








Fair and balanced, like the mighty Fox News.
We need Impartial perspective towards history and overcome differences

Impartial perspective towards history is all I'm asking for. Nothing less, nothing more.
Please don't take me wrong. Not only myself, but I believe the majority of the Japanese today have no intention whatsoever to "whitewash" or "glorify" Japan's wartime past, as the western corporate media often reiterates. Come to Tokyo once and you will figure out immediately what I mean. The Japanese today are a democratic, peace loving people probably than any other people on this planet. We rather "fight wars" on Playstation 4, than actually go out on the battlefields.

Go to Afghanistan!?

Oh, give me a break, the Japanese now days have no guts to be deployed there. We'll definitely be scared the shit out of "Mr.Taliban". And that is exactly why majority of us today feel pretty much awkward and unjust when the foreign media rebuke Japan's PM visiting the Yasukuni by pointing out "Japan's military aggression has begun once again". I mean, what kind of a ridiculous, biased, shallow minded argument could that be guys!? Super Democratic as we have been for the past 70 years after WW2, our army have yet to shoot a single bullet since 1945. How on earth could the West underestimate Japan's peaceful role in the post war era, especially when for example the U.S and the U.K launched an invasion against Sadaam Hussein for his "WMD" back in 2003?! That simply ain't fair.






ASEAN nations have started to condemn Beijing

We are indeed a peace loving nation, and that is why the majority of us today are supporting the revision of Japan's constitution Article 9, in order to "maintain and sustain peace". Persistent "daily" intrusion into Japanese territorial waters surrounding our Senkaku islands by Chinese military vessels is nothing but a defiant, reckless provocation. It is also a challenge to regional peace, security and the rule of law. As the ASEAN nations such as the Philippines and Vietnam now openly rebuke China's "Militarization" in Asia , Tokyo can no longer keep floating in a bathtub of complacency. Otherwise, as you see on this despicable Communist China territorial claim in red, Beijing will invade and swallow up all it can, violating the 1982 UNCLOS (United Nations Convention on the Law Of the Sea). China's shameful arrogance against its neighbors is the sole reason for Democratic nations like Tokyo, Manila and Taiwan to stay alert and vigilant as ever before. Therefore, under the current unprecedented expansion of Chinese military muscles, U.S, U.K and Australia has already backed up Japan's military expansion and adapting "Collective Self Defense" policy. Revision of Article 9, therefore is also inevitable for the Democratic Asian nations to face Communist Chinese military threat. It is not just PM Abe, but the will of the majority of Japanese public to revise it, not to wage war ( for gods sake!) , but on the contrary to maintain peace within the region.







Invasion of Tibet, "soul-less" corpse of Mao Tse-tung

As PM Abe stated at Davos a few days ago, Japanese PM's visit the Yasukuni to commemorate the souls of the deceased, and to pray for world peace. It is simply a sovereign right given to any individual on this planet, and to be deprived of that right I believe is unjust and a violation of human rights.


Mr. Kevin "Dustin Hoffman" Doak continues.


"Even though Mao Tse-tung was responsible for the invasion of Tibet and the heinous murder of his own people, the Chinese should not be denied the right to mourn him if they so wish; it is no business of foreign governments and peoples to interfere. In the same way, the Japanese people should be allowed to mourn their war dead, including those such as Tojo Hideki who were executed after the war". (P.68)




The conclusion of this blog is getting near, and dear ladies and gents across the universe, as I've repeatedly said I do not work for Al Caida, nor am I a right wing nationalist like you'd want to imagine. But instead I'm just a typical Japanese and a Democracy advocate. And till this very day, I have reported and delivered on various occasions that Yasukuni Shrine is no place to glorify Japan's wartime past. Just 5 months ago on August 15th, 2013, I happened to come across a humbleAmerican veteran at the Yasukuni who had visited the sacred place to mourn the war dead.


I have made it crystal clear the fact that the Arlington National Cemetery and Yasukuni Shrine is by no means different on this short filmclip as well. Please take a look if you have some time over this weekend, with a glass of red.





Conclusion

U.S is supposed to be an "ally" of Japan.
Presumably they are, but I am now deeply concerned that if the current Obama administration is actually putting pressure on PM Abe not to mourn those who offered their ultimate sacrifices for their nation, well I must say it is truly a despicable, inhumane act neglecting the basic principles of freedom and Democracy. Washington's logic is that Abe should show restraint since those who committed "War Crimes" are enshrined at the Yasukuni. Then, does that refer to just the so called the "14 Class A War Criminals?" Absolutely not. After Japan's surrender in 1945, 200 "Class A War Criminals" were imprisoned, and General Douglas McArthur and his men also ordered to handcuff 5600 "Class B & C War Criminals" in various parts of Asia. Some were imprisoned and hanged in Changi prison in Singapore (Changi International Airport is built there today), and others in Manila. And in total 1068 Japanese soldiers were hanged by the victors.

It is not my role to define whether Japan's role in that war was "just" or not. You have your own view, and so do I. Nothing should be, or can be forced in this Democratic society we enjoy today full of diversity. Let me please reiterate that there is absolutely never a 130% accurate historical perspective. We all have differences depending on where we stand. And at the same time all of us that frame the international society today ought to understand and accept the differences. Enforcing just your own values to a stranger often creates nothing but a farce. No Muslim will eat a juicy yummy pork steak, no matter how hard a Catholic white-man tries to. The Japanese prefer miso soup to a can of corn-soup made in U.S.A. Despite the "Sandy Hook Elementary School Shooting" a year ago, the Americans still seem to love their "Gun Culture" . If you ask any Japanese "Do you think there should be a gun in every household guys?!" , then I guarantee you that every single one of us will respond by saying "OMG.....that is absurd. Are you outta your bloody mind?!" . However to my knowledge not a single Japanese activist has ever criticized this "American Gun culture", needless to mention the Japanese government. That's right guys, "Japan loves Whaling culture as America loves Gun culture". Period. Full stop.

We've got to accept the differences in history and culture, and forget imposing one-sided values on the other side.


Lastly, let me finish off this blog introducing the words once again from Professor Doak of the Georgetown University. I wholeheartedly apologize to Mr.Doak for disclosing dozens of his past remarks in this blog, but I just could not resist not doing so for those who cannot afford to pay $45.38 for this mighty book. Dialogue is what is needed to solve this controversial issue, and I truly recommend you buy this book in exchange for 3 pints of beer mate!


"The USA dropped atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki and burned out Tokyo in the Great Tokyo Air Raid. This deliberate extermination of non-combatants is surely open to criticism as a war crime; it is far more difficult to reconcile with the conditions for "just war" of Catholic doctrine than a pre-emptive war against Iraq". Prof. K. Doak


Thank you so much for reading, and I am indeed open to any objections in this free global society. Please leave your comments at Japan Broadcasting.net's Facebook Page. We'll talk soon.


Good luck to you.


Sincerely, YT [ JB's Editor in Chief]





P.S On Jan 28th, 2014, U.S State Dept announced that the Wall Street Journal's article linked above was "incorrect". Therefore, we have decided to change the title of this blog. Japan and U.S relationship ought to remain absolutely top notch. Thank you. - Team JB






sit.jpg



デモクラシーの唱える「自由」を反故にする米国     Jan.27, 2014

パンダアタックがとまらない。世界60カ国で、スマイルしながらジャパン・バッシングを展開する中国共産党政府。靖国問題を利用しつつ、自らの軍拡を正当化せんとする臭いが焼きたての毒ギョーザのようにプンプンするのだが、正直、愕然としたことがもう一つある。「自由とデモクラシー」を標榜するアメリカが、「国家に尊い命を捧げた戦没者を祀る場所に足を運ぶな」、という信じがたいメッセージを総理に送っていたことが判明したのである。あってはならないことではないか。

この記事のタイトルを読んだだけで、ぼくは自分の目、というか耳を疑ったくらいだ。もしもこの "要請” が実際に行われたとするならば、それは明らかに我が国の戦没者に対する冒涜であると同時に、糾弾されるべき卑劣な内政干渉以外の何ものでもなかろう。日本は断固とした姿勢を示す必要がある。

筆者は、僭越ながら "Democracy 唱道者"でもある。よって、中途半端な米国政府の今回のある意味 "Freedom = 言論の自由、信教の自由を制限するかのような極めて非民主的" な態度、かつ同盟国としてあるまじきアクションを明確に否定する者である。オバマ政権は、「アジアへの旋回」を掲げていると聞いているものの、今回のこの言動を見る限りではアジアなどではなく、「共産主義へ旋回」しているようにさえ見える。ワシントンの政策担当者たちは、明らかに死者の霊、および人間の聖なる行為へのリスペクトそのものを欠いているとさえ考えるのは、果たして間違っているだろうか。私は、彼らの浅はか、かつ短絡的な思考回路を深く憂慮する者である。


わずか三日前、安倍総理はスイスのアルプスの上でこう強調された。
「毎年十パーセントの軍事費膨張を続けている中国は、明らかにアジア全域にとって脅威である」、と。まったく同感である。みなさんもそう思いませんか!? そもそも、どういった理由で20年以上も連続して軍事費を二桁で増やす必要があるのか。アジアに必要なのは、ICBMミサイルなどではなく平和そのものであることを強調しすぎることはあるまい。

欧米のみなさん、アジアのみなさん、そして世界のみなさん。
残念ながら中国というのは「フツーの国」ではありません。私は民族主義者でも、右翼のお兄さんでもありませんが、例えば現在チベットで行われているジェノサイドは、言うまでもなく中国共産党政府の非道なる独裁と抑圧を裏付けていることは、疑いの余地がないと考えるものです。別に中国人を好き、キライという低次元の話ではなく、北京政府の非人道性は万国共通の認識と言えるでしょう。イスラム教徒が半数を占める新疆ウイグル自治区に対する弾圧も、唾棄すべきものであるのみならず、モンゴル自治区の南側はすでに中国の漢族の強制移住による「同化政策」によって、事実上の民族浄化が行われている。モンゴル領土であるにもかかわらず、チベットと同じくその文化および歴史を否定、抹殺せんがために南モンゴルの公用語は今や中国語を強制している歴然とした事実があるのです。じつに許しがたい暴挙ではありませんか。



そうした国際情勢のなかで今回、私は「言うべき事は明確にいう21世紀のサムライ」として、日本の総理大臣が靖国に参拝することを他国に "謝罪" する必要性など皆無であることを、まさに外国のみなさんにお伝えしたい。え? アナタは欧米メディアの記者さんですか? ちょうどいい。ぜひともぼくの考えを聞いてください。 m( _ _)m






イギリスのコメディー・グループ「モンティ・パイソン」と、中国共産党

まず、次の点を強調させていただきましょう。中国と韓国が総理の靖国参拝を非難することは、英国のモンティ・パイソンの名ジョークやコメディよりも、数倍「おかしな」コトである、ということです。この二カ国は、なぜか不自然なくらいに、そう、極めて異常としか思えないほどこの靖国の件に執着してくるんですね。先ほども申し上げたようにみなさん、ぼくは民族主義者でも差別主義者でもありませんが、中韓による参拝非難は、自国の内政事情に対応するための「反日利用」そのものであり、首相官邸を叩きジャパンを虐めることによって、国内のポイントを稼ごうという、実に唾棄すべき悪魔の意図が裏に見え隠れすることを覚えておいてください。




残念ながら、ぼくはアメリカ合衆国の首都、ワシントンに足を運んだことはまだ一度もありません。ジョン万次郎のライバルだった幕末の日本人、ジョセフ・ヒコのようにホワイトハウスの土を踏んだこともない。とはいえ、そのワシントンにあるジョージタウン大学のケヴィン・ドークさんという教授のことは知っています。みなさんは御存知でないでしょうか、実はこの方は靖国問題に関してじつに造詣が深く、思わず頭をタテに振ってしまうほどの強烈な説得力のある持ち主でもおられます。
それではまず、Yasukuni - the War Dead and the Struggle for Japan's Past にドーク教授が書かれている「つぶやき」をご紹介させていただきましょう。

"Atheist Communists were already prominent at the start of the 20th century across the world, of course, and nowhere more so than in the Soviet Union. The Communist Party rules China to this day, and atheism predominates there too - along with a very incomplete humanism". (P.53)


「無神論を唱える共産主義者たちは、20世紀初頭にすでに世界を席巻してはいたが、当然ながらその数が圧倒的に多かったのは当時のソヴィエト連邦であった。共産主義を標榜する中国共産党は、今日まで同国の統治者の地位にあるわけだが、所謂 "無神論" は中国全土を今もなお覆っている。そしてそれは、 "不完全なヒューマニズム、即ち人道主義" と同義語でもある」 (53ページ)



まあ、みなさん、中国政府による人権無視の弾圧はすでに周知に事実ですよね。御存知でない方は、今日か明日にでも最寄りのTSUTAYAにでも行ってブラピ主演の "7 Years in Tibet" でも借りてきてください。ダライラマ法王様に聞いてみるのもいいでしょう。1989年の天安門事件では、なんと戦車で自国民を容赦なくペッタンコにしちゃったことも記憶に新しい。
また、ノーベル平和賞受賞者 Liu Xiaobo にいたっては、なんと11年の実刑を宣告され、現在五年目の刑期に入ったところです。デモクラシーと人権を主張する人間を、ブタ小屋に放り込む共産国家 - なんて素敵なんでしょう! というか、彼はじつは世界で唯一、かつ「世界初の牢獄につながれたノーベル賞受賞者」なのですね。最高ではありませんか。
あ、そういえば思い出しました。この "Liu Xiaobo" さんの名前って、駐英中国大使の "Liu Xiaoming" にクリソツではありませんか!? まあ、後者にいたってはハリー・ポッターの悪魔ヴォーダモートのような非人道的共産政府の手先以外の何ものでもありませんがね。よってですよ、みなさん、そんな悪魔の手先である Liu Xiaoming氏ご本人が、今月初めに安倍晋三総理の靖国参拝を糾弾し、「日本はヴォータモートだ」 と非難する記事を英国Telegraph紙に投稿したことは、最高におもしろいハリー・ポッター・ブリティッシュ・ジョークだと、ぼくは考える者です。すべての人間に与えられるべき普遍的価値である人権と民主主義を唱える偉大なるノーベル賞受賞者の Liu Xiaobo氏を、惜しくも投獄する共産政府の手先の Liu Xiaoming氏に、総理の靖国参拝を非難する資格など微塵もあるまい。同大使は、ようは "偽善者" と呼ぶにふさわしいのですね。

みなさんも、そう思いませんか!?







チャーチルは、共産主義者が大嫌いだった

だって欧米、そして世界のみなさん、冷静になって考えてみてください。
そもそも、この「偽善駐英中国大使」は、まったく信用に値する人物ではないのですよ。それは、同氏が英Telegraph紙に寄稿した内容の中に次のくだりがあった点からも明らかです。

「イギリスは、中国とともに日本とあの戦争を戦った」

偽善大使は、そのように述べている。あたかも、大英帝国が中国共産党とタッグを組んで、抗日戦争を戦い抜いた「盟友」であるかのような狡賢い書き方をしているわけです。しかしみなさん、騙されてはいけません。そうした歴史的事実はゼロだからです。
1943 カイロ会談の写真を見れば一目瞭然のように、当時の英国が組んだのは中国の国民党でした。チャーチルは、赤=共産主義者を嫌悪していました。それは厳然たる事実であり、今更述べるまでもありません。この写真でも、隣りに座っているのは毛沢東ではなく、蒋介石ではないですか。よって、Liu Xiaoming 駐英中国大使の上記のくだりは、真っ赤な嘘。



親愛なる英国の読者のみなさん、ヴォーダモートに決して騙されてはいけません。中国という国には、"Diplomat= 外交官" など一人もいないのです。それどころか、彼らはみな "Hypocrat = 偽善者" 。ご存知でしょう、昔から中国には日本が誇る「ホンダ」の代わりに "HONGDA" 、となぜか真ん中に "G" を入れたニセモノが大量に氾濫してますし、Xperiaのソニーならぬ "SQNY" 、そうです、Oの代わりにオバQの "Q" を入れて偽造品を堂々とこしらえ、あたかもホンモノ=本当であるかの如き振りまい、それで大金を巻き上げんとする - そう、じつに盗人根性にまみれたプロフェッショナルであることを。






禿げたハリー・ポッター

おそらく読者のみなさんの中には、初めて靖国の問題に触れる方もおられるでしょう。そんなあなたに、改めてお伝えしたい。中国と韓国は、この問題になると「クスリをやってるんじゃないのか」、と真剣に勘ぐってしまうほどの恒常でない執着を見せるんですね。いや、もしかしたら本当に違法ドラッグをやっているのかもしれませんね。特に後者の韓国は、自らが「戦前の被害者」であるとの自虐的劣等意識の塊であることも、申し上げておきましょう。今の韓国の朴大統領がちょうどいい例でして、なんでもかんでも反日をオウムのように唱えればいいと勘違いしているのです。だって日本製のASICSのスポーツシューズを履いているだけで、メディアからボコボコにされる国柄ですよ。ちょっとオモシロイと思いませんか!?

そうした中で、みなさんにぜひ覚えておいていただきたいことがもう一つあります。それは、欧米メディアが四六時中用いる「アジア諸国は、靖国参拝に反対している」、という表現です。それは明白な誤りでして、実際はどうかというとアジア二十カ国のうち、わずか二カ国にすぎません。"アジア諸国" という表現をあえて欧米や中国メディアが用いようとするのは、政治的カードとして靖国を用いてジャパンをモグラ叩きにするための狡い手法なのです。「え?たったの二カ国だけなの?」とみなさんも驚かれるかもしれません。が、実際にそうなのです。20もあるアジア諸国の中では、この二カ国はまるで禿げたハリー・ポッターさんのようなコメディキャラにも見えてきますよね。
考えてもみてください。みなさんは、ミャンマーのアウン・サン・スーチー女史や、インドネシアのユドヨノ大統領が、安倍総理の靖国参拝を非難するのを聞いたことがありますか? 一度だってないでしょう。タイも、フィリピンにしても同じです。親日国なのです。歴史を紐解けば、例えばノーベル平和賞受賞者でもあられるスーチーさんのお父さん、つまりアウンサン将軍は大東亜戦争中、日本に軍事援助を求めたという揺るがない事実があります。現に、1943年にはスーチーさんのパパは、東京に来て東条英機首相に「大英帝国から独立すべく、日本に軍事的にサポートしてほしい」と懇願している。

そうした史実を、みなさん欧米メディアのみならず日本のメディアでさえも意図的に無視するところに、今日の靖国問題および歴史問題の歪み、かつ根本的な原因があると私は考えるものです。あの戦争のすべてを正当化すべきだと、ぼくは言っているわけではありません。そう短絡的に考えるのではなく、歴史というものは限りなく公平な視点で、偏らずに我々一人一人が考えるべきだと申し上げているのです。一方的な考えに毒されてしまっては、フェア、かつクリアーな国際情勢は古今東西、決して見えてこないのではないでしょうか。








A級戦犯と、B級、C級

次に、靖国問題の根源的な部分にフォーカスしてみましょう。
中国共産党政府は、「靖国には、A級戦犯が祀られている。そんな犯罪者が眠る場所にお祈りをするなど許せない」、という猫さんでもわかるロジックでジャパン・バッシングを四六時中展開することが、大好きです。ではみなさん、いったいこと「エーキュウセンパン」ってどういう人たちなのでしょうか?


"On the question of the Class A war criminals, it is an indisputable fact, as Massachusetts Institute of Technology (MIT) Professor, John Dower, has pointed out, that the verdicts of the Tokyo War Crimes Tribunal that defined them as such were a case of victor's justice. The legitimacy of the verdicts is highly questionable from a legal perspective, given that they were judged according to "ex post facto law" ; it is only natural that some Japanese oppose the verdicts, even though they do not necessarily justify the war. (P.57)


「A級戦犯に関してですが、マサチューセッツ工科大学(MIT)教授のジョン・ダワー氏もご指摘されているように、戦後に行われた東京裁判の判決というのは " 勝者の正義" 、または "勝者による敗者の裁き" 以外の何ものでもなかったという点です。法的な観点からは、東京裁判の判決の合法性は甚だ疑わしく、なぜならば被告人はみな "ex post facto law" すなわち事後法で裁かれたからです。この"戦後、意図的に作られた法律” によって日本人の戦犯は裁かれたというこの事実があるからこそ、あの戦争で日本が行ったことを必ずしもすべて正当化はせずとも、東京裁判の判決そのものに疑問を感じている日本人が現在もなお多いことは極めて自然なことではないでしょうか」 (57ページ)





さらにこのカソリック教徒のグレートな米国人教授は畳み掛けます。




"The distinction between the different grades of war criminals, Class A, B and C , is utterly meaningless. Can the Class A criminals be three times worse than the Class C? Every human is born after all with original sin. I have neither the intention nor the right to condemn the actions of deceased soldiers like Tojo Hideki, but certain leaders of communist China seem convinced they have the right to pass judgement on deceased individuals on the grounds that they (or their fathers or mothers) were victims half a century ago. But today the Chinese government severely suppresses religious freedom, even imprisoning Catholic priests and bishops. Is the real threat to peace and human dignity in East Asia today from annual visits to a Shinto shrine by a democratically elected Prime Minister?" (P.66)



「A級戦犯と、B級戦犯、C級戦犯を区別することほど無意味なことはあるまい。というかみなさん、A級戦犯だった人は、C級だった人の三倍悪い人なのでしょうか!? とんでもない。すべての人間は、罪深い存在です。私は東条英機を含めた戦没者を糾弾する意図もなければ、その権利をも保持しておりません。しかしながら、現在の中国共産党の一部の指導者たちは "半世紀前に自らの父や母が抗日戦争の犠牲者だった" という理由から、日本の戦没者に対して審判を行う権利をもっていると確信しているようです。とはいえ、今の中国政府が何をしているかといえば、政治的自由を国民から奪い、カソリック教徒の神父や司教を投獄しているわけです。こうした状況のなかで、民主的に日本人によって選ばれた総理大臣が、毎年靖国に参拝されることが果たして東アジアの平和に対する脅威になりうるのでしょうか?」 (66ページ)





読者のみなさん、ぼくはこのハリウッド俳優のダスティン・ホフマン酷似のこの方の言葉に、強く胸を打たれる者です。「レインマン」は、さらに次のように捲し立ててくれます。








"How can we explain the fact that the embalmed corpse of Mao Tse-tung, who killed twenty million of his own people, is desplayed in Tianammen Square to be worshipped, even though Communists do not believe in human soul? What is the point of venerating a corpse that has no soul? Prime Minister Koizumi never mowed down his own people with tanks like the Chinese leader did; quite the contrary; his Japanese Self-Defence Forces risked their ives as part of international peace-keeping activities in Iraq and elsewhere. The hypocrisy of the Chinese government is a thing to behold". (P.67)



「2000万人の自国民を虐殺した毛沢東の防腐処理された遺体が、今も天安門広場に安置・公開されている現状を、我々はどう理解すればいいのでしょうか? なぜならば共産主義者は、human soul、すなわち霊的なもの、そう、魂という存在そのものを否定しているからに他なりません。魂のない、抜け殻のような遺体を崇拝するなど、いったいどんな意味があるのでしょうか!? 小泉首相は、中国の指導者たちのように自国民を戦車でひき殺すようなことはしませんでした。それどころか、自衛隊はイラクなどの紛争地帯で命を張って国際的平和維持活動に従事してきました。中国政府の偽善には、じつに目を見張るものがあります」 (67ページ)










130%正しい歴史認識など、存在しない

中国共産党の「偽善」なるものは、その指導部の悪魔的汚職からも明白に読み取ることができます。
ニューヨークタイムズ紙の報道によると、温家宝元首相とその一族は、在職中になんと2700億円を上回る巨額の蓄財を水面下で行っていたそうです。また、この記事は反日教育を強化した「功労者」である江沢民元国家主席にしても、蓄財・汚職のプロフェッショナルであることを指摘しています。要は、共産党の指導者たちというのは真剣に「人民」のことなど屁としか思っていないのですね。社会正義も、格差の是正も、彼らにとってはどうでもいいことであり、単に自らの金欲を満たすことができればそれでいい。そんな自分の都合しか考えていない江沢民のような男が、1990年代から中国全土に反日をテーマにした博物館を次々と建てたわけですが、果たしてBBC放送のルパート・ヘイズ記者が靖国神社の遊就館に実際に足を運んだことがあるのか、ぼくとしてはぜひとも知りたいところではあります。というのも、同記者はしばしばその「戦争博物館」が大東亜戦争を美化している場所である、と報道しているからに他なりません。
いずれにせよ、言論の自由と多様性が保証されているデモクラティックな今日の自由世界においては、「130%正しい歴史認識」など存在しない。捕鯨問題や、イルカ漁にしても片方の正義のみが正しい、というのは単なる価値観の押しつけになってしまいます。





ちなみに多くの欧米メディアは、どういう根拠ないしは動機があるのかぼくにはわかりませんが、恐ろしく反日的なスタンスを取っていると感じるのは果たしてぼくだけなのでしょうか。戦前の日本軍の残虐性というものを事があれば必ず全面に押し出す報道姿勢を今もなお "堅守" している。かたや自らは頭を下げない。
戦後、幾度となく謝罪を繰り返して来たどこかの島国とは極めて対照的ですね。

海外メディアが、遊就館の「軍国主義美化的な展示内容」を理由に、総理大臣の靖国参拝を今後も非難し続けるつもりであるならば、やはり同時に "ダスティン・ホフマン"氏の次の言葉をも学んで欲しいとぼくは切に願うわけです。

「中国全土に散らばっている反日プロパガンダ用の歴史記念館なる存在は、愛国主義を高揚させるための常軌を逸した歴史の捏造以外の何ものでもありません。それら中国共産党正当化のツールに利用されている反日記念館などに比べれば、靖国の遊就館の展示はより歴史的事実に基づいていると言えよう」




フェアな、かつバランスのとれた歴史認識。ぼくが切望するのは、それだけです。
欧米メディアは、「トーキョー(政府)は、戦前の軍国主義を美化しようとしている。教科書を書き換えようとしている」、となり振り構わず非難する傾向が今もなお強い。でも実際のところ、どうなのでしょうか!? 今日の日本人の大半は、決して「軍国主義者」でもなければ、好戦的でもない。それどころか、おそらくこの地球上で最も民主主義を愛し、かつ平和的な人々だと思います。「戦争をスル」、といってもせいぜいプレステ4でバトルゲームをエンジョイする程度で、実際に「アフガニスタンで戦ってこい」と言われたら逃げ出す "日本男児" が殆どでしょうしね(笑)。そんなガッツ、というか度胸は今の我々にはない。嘘だと思ったら、一度日本に観光で来て、ご自分の目で確かめてみてください。逆に、それほどまでに平和を愛する民族であるからこそ、総理大臣が靖国を参拝することを「軍国主義の復活か!?」と騒ぎ立て非難る欧米や外国メディアの報道に違和感、さらには憤りを一般の日本人は感じるわけです。そうした短絡的、かつ事実を無視したかのような報道姿勢を逆にぼくは糾弾したい。1945年の敗戦以来、我が国の自衛隊は、戦場でたった一発の実弾をも発射していない。そう、じつに七十年もの間、「超モンスター級平和国家」として堂々と君臨してきた実績があります。その歴史的事実を考慮することなく、靖国=軍国主義という、ドラえもんののび太レベルの思考回路でしか考えない欧米中韓 "知識人" の方々は、ご近所の小学校に再入学したほうがいいでしょう。2003年に、実際は存在しなかった "大量破壊兵器" なるものを理由に、サダム・フセイン率いるイラクに突然怒濤の爆撃をしかけた米英に、「ジャパンはヤスクニ=軍国主義フッカツか」などと非難される筋合いはまったくない。


繰り返します。今の皆さんがご存知のジャパンは、モンスター級の平和国家なのです。
だからこそ、世論調査でも過半数が憲法第9条の改正に賛成という結果がしばしば出る。「平和を守るために」こそ、改正する。現に、アメリカに国防・安全保障をすべて丸投げしている無責任な9条に、違和感を感じている国民が少なくない。みなさんもご存知かもしれませんが、共産中国による尖閣諸島沖の領海侵犯は今や「日常茶飯事」。北京の軍拡は、アジア全域の脅威であると同時に、法の支配への挑戦でもあります。だからこそ、フィリピンや、べトナムなどのASEAN諸国は、中国の軍事大国化を非難しているわけで、南シナ海も今や一瞬即発の状態であることを強調しすぎることもありません。よって日本が戦後70年ずっとそうして来たように「無関心のバスタブ」の中で、プカプカ浮き続けることは、アジアおよびASEAN諸国のためにならない。強い日本を、アジアの平和と安定に貢献できる毅然としたジャパンが、今こそ求められているとぼくは考える者であり、現にフィリピンのアキノ大統領は安倍総理に軍事援助を要請してきている。言語道断以外の何ものでもない南シナ海における中国軍の領土主張こそが、ASEAN諸国にとって今や放置できないレヴェルまで来ているわけで、現に上記リンクの赤いラインをご覧いただければいかに中国共産党が卑劣かつ不条理な領土要求をしているかが判ります。1982年の国連海洋法条約で定められた「沖合200海里」=370KMは排他的経済水域 - というルールを、国連常任理事国自らが無視するというこの傲慢さは、もはや怒りを越えて「クスリ常習犯」の領域に達している、そう、犯罪そのものではないでしょうか。しかも、その無尽蔵な領土欲を武力のみで実現しようとしていることからも、日本、フィリピン、台湾といったアジアの民主主義各国は一寸たりとも油断できない現状があります。


だからこそ、前例なき中国軍の軍拡の前に、日本政府は決して傍観しているわけにはいかないのです。国際社会も今や北京に対処するために東京が軍事費を増やし(とはいっても、中国の半分程度ですが)、集団的自衛権を行使することを、アメリカ、イギリス、オーストラリアも支持 しているのですね。よって憲法9条の改正もこの流れを汲むものに他ならず、アジアの平和と安定を守るためであることを、欧米の人々にはぜひご理解いただきたい。憲法改正=軍事大国ジャパン、という間違った軽率な結論を出すのではなく、戦後我が国が辿って来たデモクラティックな国としての歴史的事実を今一度噛み締め、信用していただきたい。そうした" 新しいジャパン" を信じ、期待していただきたいのです。



数日前、安倍晋三総理がスイスのダボス会議にて「靖国に参拝するのは、戦没者の黙祷を捧げ世界の平和を祈念するためです」と述べられました。繰り返しになりますが、国家のために命を捧げるという究極の行為を行ったヒーローたちのご冥福を祈るという普遍的権利を、第三者が奪おうとするものならばそれは明らかに人権侵害だと私は考える者です。

先述の ケヴィン"ダスティン・ホフマン" ドーク教授は、次のようにも述べられています。


「毛沢東は、チベット侵略および凶悪極まりない自国民の虐殺を行ったが、中国の人々が彼に黙祷を捧げたいのであればその権利は保証されるべきである。外国の政府や人間がとやかく介入すべき問題ではないからです。同じように日本の人々にも、自国の戦没者を弔う権利は当然ながら保証されるべきであり、そこには戦後処刑された東条英機のような人も含まれます」 (68ページ)









結論

みなさん、このブログもそろそろ締めに入りたいと思います。今一度、念を押しておきますが、私はアルカイーダの幹部でもなければ、右翼のお兄さんでもありません。フツーの日本人、フツーのデモクラシー唱道者にすぎません。たまたまですが、去年すなわち 2013年の8月15日に靖国を訪れた際、アメリカから参拝に来られた米国人のスィーニー氏と出会う幸運に恵まれました。同氏は、「戦没者を追悼することは、日本人の当然の権利だ。中国や韓国が何とイチャモンをつけてこようと、まったく気にする必要はない」と断言されました。また、私はこの短いショートフィルムでも米国のアーリントン国立墓地と、靖国神社が同質であることを強調しています。もしもお時間のある方は、今週末にでも赤ワインを片手にスマホでご覧いただけたら幸いです。




早速、結論に入りましょう。
そもそもこのブログをぼくが書こうと思った動機は、アメリカ合衆国のオバマ政権が「総理に靖国を訪れることを控えるよう要請した」とのウォールストリート・ジャーナルの記事でした。"同盟国" であるはずの米国から、仮に本当にこうしたコミカルなアプローチがあったとするならば、極めて卑しむべき行為だと私は考えます。自由を掲げるデモクラシーの根本精神を真っ正面から否定する、じつに非人道的な要請だからです。戦没者を弔うな、などと外国の政府がとやかく言う事はそもそも言語道断であるのみならず、失礼ではないですか。ワシントンのロジックは、次のようなものです- 「戦犯を祀ってあるヤスクニをアベサンが訪れてはナラナイ」。
ではみなさん、その米国政府が挙げる「戦犯」というのは、果たしてよくメディアを賑わす "A級戦犯" と呼ばれる人々のみを指すのでしょうか!? 答えは明らかにNO. 昭和二十年の敗戦以降、A級戦犯は二百名が投獄され、さらにビッグマックこと占領軍指揮官だったマッカーサーさんは "B級そしてC級戦犯" なる人々、およそ五千六百人を牢獄に叩き込みました。現在、シンガポールにはチャンギー国際空港がありますが、終戦時そこには "チャンギー刑務所" があり、多くの"B級戦犯、C級戦犯" と呼ばれる人たちがそこで絞首刑を宣告され、夢を断たれたのです。トータルで、計1068名もの "戦犯" が、戦勝国側によって死刑されたのも、これまた一般の人々にとっては知られざる歴史的事実であることを強調しておきましょう。



果たして、あの戦争が正しい戦争だったのか、ジャパンにとって「正義」の戦争だったのかを私はここで議論する立場にはありません。ただ、多様性に満ちた現代のデモクラシーの世界、デモクラティックな国際社会に暮らす我々一人一人の考えが異なることは、当然のことであり、また読者のあなたと私の考えも水と油かもしれません。繰り返しますが、130%正しい歴史認識など、そもそも存在しないのですから。考え方が違うからといって相手を全面否定するのではなく、共存していく度量の深さこそが今の我々一人一人に求められていると考えるのは、果たして私だけでしょうか!?


1年前、アメリカのコネティカット州にあるサンディフック小学校で、二十人以上の幼い子供たちが銃の乱射によって命を落としました。先生も数名亡くなりました。にもかかわらず、どうやら米国民のみなさんは今もなお「銃カルチャー」を愛しておられるようですね。でもみなさん、もしもここ日本で「あなたは各家庭が銃を持つべきだとおもいますか?」と聞いたら、間違いなく100人中百人が「は?!お前アホか。アブねえったらありゃしないぜ」と鼻であしらわれるでしょう。にもかかわらず、ぼくは日本人活動化および日本政府がアメリカ合衆国政府に対し、「銃は危ないのでやめなさい」などと反対、いや内政干渉するのを聞いた事がありません。成熟した国際社会というのは、そういう「文化と歴史のちがいを理解する」土台の上に築かなければいけないからです。つまり、「日本人は捕鯨・イルカ漁カルチャー大好き! アメリカンは銃カルチャー大好き!」 という極めてシンプルな構図で考えてもらえたら最高です。



それでは本当のラストの締めとしまして、このブログで大変お世話になりました米国ジョージタウン大学のケヴィン・ドーク教授の言葉をご紹介させていただきたいと思います。ただ、その前にぼくは同教授にお詫びしなければなりません。というのも、このブログでドーク氏の言葉を、あまりにも沢山引用させて頂いたせいで、同氏の共著の売り上げが若干落ちることも想定されるからです。いや、とはいえぼくとしては、ヤスクニ・イッシューを学ぶために $45.38セントという高額を払うことがなかなか難しい人々が世界中に沢山いるはず、との考えからあえてドーク教授の数々の金言を国際社会に知っていただきたい、プロモーションしたいとの一途なる想いから、このたびはご紹介させて頂いたことを御了承いただければ幸いです。そうだ、ただ、欧米やアジアのお金持ちのみなさん、もしも真剣にこの「ヤスクニ」の本質に触れたい、解決策を見出したいと仮に望まれるのであれば、ぜひとも今夜からビール・パイント三杯我慢して、そのお金でドーク教授の本をご購入いただけたら最高です。それだけの価値は、充分にある本ですから!


それでは、締めの言葉として同教授の言葉をご紹介させていただきましょう。

"The USA dropped atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki and burned out Tokyo in the Great Tokyo Air Raid. This deliberate extermination of non-combatants is surely open to criticism as a war crime; it is far more difficult to reconcile with the conditions for "just war" of Catholic doctrine than a pre-emptive war against Iraq".

                                               Prof. K. Doak


「アメリカ合衆国は、ヒロシマとナガサキに原子爆弾を落とし、さらには東京大空襲で首都を焼き尽くしました。この意図的な一般国民、非戦闘員の絶滅・皆殺しは、戦争犯罪として非難されうるだけの充分の可能性をもっていると私は考えます。カトリック教義における "正義の戦争" とは何なのか、その条件、定義はいかなるものかを導きだすことは、イラクへの先制攻撃を定義することに比べ遥かに難しいのではないでしょうか」





最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ぼくは、グローバルかつ言論の自由を標榜するデモクラティックな国際社会の一員ですので、ご批判も大歓迎です。このブログへのコメントがおありの方は、お手数ですがぜひともJapan Broadcasting.net's Facebook Pageに書き込んでいただけたら幸いです。

朝夕冷えますので、お風邪をひかれませぬようご自愛ください。


Good luck to you.


Sincerely, YT 谷山雄二朗 [ JB's Editor in Chief]


P.S 日経新聞が、翌日の一月二十八日に靖国参拝自粛の確約要求を否定 -米国務省報道官 との記事を発表。その他メディアもそう報じたのを受け、当ブログのタイトルを「アメリカよ、恥を知れ」から「劉暁明 中国大使の偽善」へと変更します。御了承ください。 - JB編集部






stand.jpg