メイウエザー戦。ヨロヨロ那須川は、憲法改正が必要な裸の自衛隊だった 【谷山雄二朗】

Editor in Chief Yujiro Taniyama

大晦日に行われた格闘技 Mayweather vs Nasukawa戦は、核保有国アメリカ合衆国 vs 9条ジャパーンの構図そのものであった。

茄子だが那須だが知らないが、日本人キックボクサーは揚げ茄子の如くわずか1分ちょっとでアメリカ人ボクサーにペロリと平らげられてしまった。

面白いのは、その恐るべき茶番ファイトが、国際社会におけるわが国の立ち位置そのものを映し出していた点である。キックボクサーなのに「キックしてはならない」とのルールからして、憲法9条の「陸海空軍を保持しない。交戦権を保持しない」という、言語明瞭意味不明な制約そのものであった。

Continue reading メイウエザー戦。ヨロヨロ那須川は、憲法改正が必要な裸の自衛隊だった 【谷山雄二朗】

2019 ごあいさつ 「ロシア人 プルシェンコと考えた、北方領土の解決法」 谷山雄二朗

Editor in Chief Yujiro Samurai Taniyama

猪突盲信。

これだけは気をつけよう、平成三十一年!

明けましておめでとうございます。みなさんにとって、2019年が好色ならぬ好運なる一年になりますよう、心よりお祈りもうしあげます。いや、もちろん前者でもまったく構いませんが。

お正月早々、元ロシア人のフィギュアスケーター、エフゲニー・プルシェンコ氏を TOKYOの某路上で「発見」した。と思いきや、彼のそっくりさんであった。話しかけると、モスクワから二週間の旅に来ているという。ひとり旅か。「京都は行ってきました」、というので「そうか、広島も?」と尋ねると、“プルシェンコ”は、申し訳なさそうに首を横に振った。

日本史上初、訪日客が3000万人を突破した2018年。

Continue reading 2019 ごあいさつ 「ロシア人 プルシェンコと考えた、北方領土の解決法」 谷山雄二朗