渡辺泰子さんを悼む 「東電OL殺人事件から22年」

Yujiro Taniyama, JB Editor in Chief

22年前の今日、一人の日本人が命を落とした。

彼女は、女性の社会進出がまだ夢物語にすぎなかった1980年に、総合職で東京電力に入社した「ウーマンズ・パイオニア」であった。

きのう、偶然とある古本屋で手にした「東電OL殺人事件」・佐野眞一著(新潮社)。食い入るように、一気に読んだ。そして、これまた奇遇なことに、最後の一ページを読み終えた深夜、その日付が被害者の命日であることを知った。ある種の鳥肌が立ったが、同時にこの不思議なめぐり合わせは、39才で命を落とした女性からのなんらかのメッセージであるようにも感じた。

目から鱗が落ちる、というのか、本を読み終えて著者佐野氏の行動力、そしてTRUTHを追求する姿勢に激しく胸を揺さぶられたことを、まず述べておこう。

『東京・渋谷のアパートで今年三月、杉並区永福三丁目、東京電力社員渡辺泰子さん(39)が首を絞められて殺されているのが見つかった事件で、警視庁渋谷署の捜査本部は二十日午後、現場アパート隣のマンションに住んでいたネパール国籍の元飲食店従業員ゴビンダ・プラサド・マイナリ容疑者(30)を強盗殺人の疑いで逮捕した。

マイナリ容疑者は事件直後に入管難民法違反容疑で逮捕、基礎され、東京地裁で二十日、懲役一年、執行猶予三年の有罪判決を受けた。マイナリ容疑者は、容疑を否認しているという』(朝日新聞 1997年5月21日 朝刊)

いわゆる、当時社会を震撼させた「東電OL殺人事件」だ。

続きを読む

もっともっと外人観光客 & 外人WORKERS Come on! もっともっと面白い Japan GO!

Japan Broadcasting . net Editor in Chief 谷山雄二朗

結論から言おう。

外人と、外人WORKERS をJapanは大歓迎するべきだ。

2025年までに、新たに50万人の外人の働き手を受け入れるというのが、当初の政府の方針だった。国内から「外圧」があったのか、それが今後5年間で34万人へと表向きは弱気に転じたが、堂々と受け入れていこうじゃないか。

みんなもご存知の通り、Japanのコンビニエンス ストアも経済も、彼らなしではもはや回らないのだから! 「単一民族が外人によって汚される」など、時代遅れもいいところ。1号と2号に振り分けられるとのことだが、極度に恐れることは無い。もちろん、国民保険は海外在住の家族には適応しないなど細かい調整は必要だが、そうしたコアな部分さえしっかりすれば、immigrants = 移民が日本列島に増えていくことは、もはや歴史の必然。

そして、なんといっても我々日本人が、しっかりと “Japan Way” : 例えばゴミ出しの方法とか細かい作法を指導する気概も不可欠。沈黙は美徳じゃない、悪徳の時代にぼくらは生きている。

面白いJapanに生まれ変わっていけるかどうかは、日本人次第。責任をもって外人に教えるべきを伝授さえしていけば、わが国のCulture もColor もしっかり伝わっていく。

言うべきはいい、楽しむべきは Enjoy!

前向きにGo.

ちなみに、今年の4月から6月期の訪日客の消費額は、1.1兆円との報道があった。Good news.

Thank you.