‘赤旗少女’と、9条を考える憲法 「記念日」!

今日は、憲法記念日だそうだ。

二日前、渋谷のR246と明治通りの交差点で、赤信号にぶつかった。小雨が降る中、うるさい日本人が愛車 ‘FATTY’ (タイヤが極度に肥満化した米国アラスカ発の太った自転車。雪専用)から一旦降りると、「九条改悪はんたーい!共謀罪はんたーい!」との横断幕をはためかせながら明治通りを行進していく大勢の人々がいる。

「スンマソン、この覇気のない方々は…..!?」

小ラダーに乗って写真をパシャパシャ撮っている女性がいたので、聞いてみる。望遠レンズは、210mmか。

「メーデーのDEMO行進です。ABE政権の間違っているところを正していくよう要求しています!」

「なるほど。メーデーといえば、あそこのノボリにも書いてあるけど’労働者の環境改善’ですね。非正規雇用の賃金UP、意味不明の’正社員崇拝’ の打破など、やるべきことは多々あるね」

「ありがとうございます!わたしたちも、そう信じてるんです」

わたし’たち’、というと、このカメラマンは第三者ではなく、同じグループに所属しているということか。青信号に切り替わるものの、無視して聞いてみる。

「あ、私ですか?赤旗のカメラマンです」

なるほど。どうりでホッペが真っ赤っ赤なわけだ。本稿では、とりあえず ‘マッカーサー’ とのコードネームで呼ぶことにする。

「長靴売れた大臣やら、津波は東北でよかった大臣やら、森友学園やら確かに安倍政権は相当タルンでいる。緊張感はゼロに近い。ただ、キミらの掲げる ‘九条改悪はんたーい’には、反対だな」

そう言うと、赤い靴を履いた女の子の如くあどけない顔をしたマッカーサーの表情が曇った。「ABE政権は憲法改正しようとしています。そうした間違った方向に行く勢力と、わたしたちは断固戦います」

「ちょっと待って。残念ながらぼくは自民党員でないけど、間違った方向に向かっているのは、むしろあのおデブさん率いる北朝鮮や、南シナ海で人工島を7つ埋め立て軍事基地化してしまった中国や、北方領土の択捉や国後にミサイルを配置したロシアだと思うんだけど」

と、うるさい日本人が反論すると

「ああ、まあそれは確かにその通りといえばそのとおりです」

と意外と物分かりのいいマッカーサー将軍。さらに、金正恩がミサイルを発射したら、10分以内には宮益坂に着弾するという危機、その’現実’に触れると、彼女はますます押し黙ってしまった。

「ただ」

「ただ?!」

“‘赤旗少女’と、9条を考える憲法 「記念日」!” の続きを読む

North Korea’s Kim Jong un should fight SUMO champ Kisenosato

Mt.Fuji is the most classic, aesthetic and symmetric mountain in the world as far as I know. And it is proven by the mere fact that it’s beauty is renowned not only domestically, but also internationally.

“Harumafuji” and “Terunofuji” are both distinguished Mongolian SUMO wrestlers, though their name includes the word ‘FUJI’.

And yesterday, the new Yokozuna or Grand Champion Kisenosato crushed Terunofuji twice to win the Spring SUMO tournament, according to the Associated Press. Its’ truly a little surprise that AP has posted this article on Japan’s indigenous  ‘sport’ – which I must say is in a way an incorrect term, since SUMO is NOT precisely a sport but a Shinto ritual that roots back 1500 years ago.

If you are a foreigner, you may wonder “Boy, aren’t these FATTYS obese! Eating too much rice bowls and ramens?”.

Well, I do not deny that. But remember, these boys are not just a fatty like Mr Michael Moore, but DO have huge muscles and they also train their body (especially the hip-joint between the legs) to make it extremely soft in order to prevent serious injuries.

 

Now.

 

People in North Korea are purportedly eating shoes.

ASICS? NIKE? Onizuka Tiger?! Adidas?!  Who knows. Malnutrition seems rampant, since their authoritarian regime is keen on flooding 90% of its annual budget into its nuclear missile program. Not enough food on the table, and its citizens are skin and bones.

But there’s just one exception. Yes, the “Fatty” Sumo-wrestler-like guy, Kim Jong un.

“North Korea’s Kim Jong un should fight SUMO champ Kisenosato” の続きを読む

New! 二刀流コンテンツ「JB」スタート! うるさい日本人の静かな考え

こんにちは。うるさい日本人、谷山雄二朗です!

今日から、新しいコンテンツがキックオフしました。

その名もズバリ、「JB」。別名 「OUTSPOKEN SAMURAI 」。

Diary, Blog, Column, Editorial, Essay, Movie, Sound, Japanを足して、7で割ったようなコンテンツ。

Global Digital Entertainment. そんなイメージ!今後いったい何が飛び出してくるのか分からないでいるのが本音。

ちなみに、この「JB」に関しては、次のacronym, すなわち頭字語を意味している。

J = Japan、Jump(跳ぶ)、Join(合体する、つなぐ)、Joke(ユーモア、滑稽、じょうだん、おどけ)、Jubilant(歓喜と熱狂あふれる)、Journey、Journalism、地侍、熟慮、自立国家、自尊独立、神社、JoyJump

B=Broadcast, Bushido, 冒険、Boundless(無限の)、Borderless(国境なき)、文章、Bold(大胆)、Blog、ばか者たれ、Bilingual、Buddhism(仏教)、爆発力、Bilateral(相互の)、Benevolence(寛容の精神), Battle (戦い)、Ballistic(弾道の)、Beautiful, Beer, Beginning(はじまり)、Biscuit, Brave(勇敢な)、Bravo(ブラボー)、Brightly(明るく!)

「英国にhumorあり、米国にjokeあり、そしてフランスにwitあり」とはよく言われるけれど、じゃあ日本にはその国民性を現す何があるのか?! う〜ん、これがなかなか難しい。勤勉は確かに美徳だけれども、どうも日本人は基本的に’まじめすぎる’(笑。ぼくを除いては)。それでは、InnovationにつながるIDEASはどうしても生まれにくくなる。ただでさえ超マニュアル社会なのだから。

前途有望だった電通の新入社員は自害してしまった。あれは明らかに国家的損失だった。そして、今や’Karoshi’という言葉が世界用語になってしまっている。極めて残念なことだね。

よってこれから始めるこの「JB」では、あえてその真面目の真逆を行き、極めて軽い気持ちでアップデートしていこうと思う。そう、最も軽いとされる元素ヘリウムよりもライトに!気張らずに。何も不真面目というわけじゃないけど、’うるさい日本人’の直感を読者視聴者のみんなに話しかけるようなスタイルでぶつけていきたい。

地球上には七十億人以上いるというのだから、一人や二人ヘリウムよりも軽いうるさい浪人がいてもいいじゃないか。

よって限りなく自由に、限りなく露骨にファンキーに。固定観念なんてぶっ飛ばす。ただでさえ65歳以上が3000万人以上いる老人国家ジャパーンなんだから、時代遅れの規制どんどん撤廃すべき。

シェアライド、シェアエコノミー大賛成。新しい、自由な発想が日本を面白くする!そして何と言ってもSTRONGすなわち「強く」する。世界で輝く。だってこのまま傍観していたら最近暴走中の左側の髪を染めまくっているチャイナさんや、右側にいるカツラ風大統領ののアメリカさんにペロッと弄ばれて平らげられてしまう。

先述した「英国にhumorあり」の流れで行くと「日本にFunkyあり」からさらに加速し「日本にJBあり」と2020年には言われるところまで、なんとかもっていきたい! 目標は富士山よりもぐっと高く!(3776mしかないけど)

“New! 二刀流コンテンツ「JB」スタート! うるさい日本人の静かな考え” の続きを読む