ありがとう、ドナルド・キーンさん 「日本文化を世界に広めてくれた知の巨人」 谷山雄二朗

Editor in Chief, Yujiro Samurai Taniyama

「あの戦争で日本は負けたが、日本文化は勝利を収めた。これはわたしの確信するところである」

先日お亡くなりになった日本文学のみならず文化全体の巨人、ドナルド・キーン氏が生前、遺した言葉だ。

近頃はアメリカの大統領も、EUのトップもなぜか揃って「Donald」なので紛らわしいが、我々日本人が記憶に留めておくべき唯一のドナルドは、キーンさんである。なぜならば、彼は全身全霊で日本を愛し、その文化を理解し尽くし、その普及のためにその一生を捧げられたからに他ならない。

2011年の東日本大震災を機に、日本国籍を取得された同氏は、ユーモラスな「鬼怒鳴門」という雅号・ニックネームを名乗ったという。そこで、本BLOGでは愛を込めてキーンさんのことを怒鳴さんと呼ぶことにしたい。

幼少期に二度も飛び級し、16歳でコロンビア大学で学び始めたというハンサム青年怒鳴さんは、1941年の真珠湾奇襲攻撃を機にアメリカ海軍日本語学校の門を叩いた。当時それは、UCLAバークレー校内にあったと回顧録で述べている。その後、戦時中はハワイなどの捕虜収容所で日本兵を「尋問」(といっても雑談だったらしいが)したり、ガダルカナル島で散っていった幾万もの日本兵たちの日記を読み、翻訳するのが主な任務であった。

Continue reading ありがとう、ドナルド・キーンさん 「日本文化を世界に広めてくれた知の巨人」 谷山雄二朗

「過ちは二度とくりかへしません」と言った日本人。日本に核を落とすと言った、北朝鮮

北の肥満児が、元気である。

その名も、金正恩。

‘Last Samurai’ とは、トム・ソーヤでもトム・クルーズのことでもない。渡辺謙など、それどころではない。

三島由紀夫。

ぼくが知る限り、1970年11月25日に市ヶ谷で切腹した彼ぞ、Last Samurai に相応しい男である。

そんな彼が、「民族的憤激を思ひ起こせ – 私の中のヒロシマ」という寄稿文を書いたのは、昭和四十二年の八月のことであった。

その中で、ミシマはこう述べている。

『ヒロシマ。ナチのユダヤ人虐殺。まぎれもなくそれは史上、二大虐殺行為である。日本人は、「過ちは二度とくりかへしません」といった。原爆に対する日本人の民族的憤激を正当に表現した文字は、終戦の詔勅の「五内為に裂ク」といふ一節以外に、私は知らない』

民族的憤激を忘れた日本人

我々の祖先は、原爆をトランプ氏の先輩大統領ルーズヴェルト&トゥルーマン(前者が作製、後者が投下)によって二度と落とされたにも関わらず、なぜか「二度とくりかへしません」と言ったそうな。少なくともヒロシマの慰霊碑には、そう刻まれている。

かなり不可解な文面であることは言うまでもないが、(アメリカ政府が言うならば、まだ理解できる)いずれにせよ、おデブさんの金正恩率いる北朝鮮は「先制攻撃されたら、在日米軍基地に向け核をぶっ放す」と、事実上明言。日本人がいくら’くりかへしません’ と言ったところで、現実はその日本人が去勢された子羊であることを、痛ましいほど鮮明に浮かび上がらせる。

そこで考えてみよう。

在日米軍基地とは、すなわち日本領土のことである。130個以上という、とてつもなく多くの米軍基地が我が国にはある。それ自体が異常だがそれもそのはず、日本は「自分で自分を守れない国」だそうですので。六本木ヒルズとミッドタウンのちょうど目の前にも’赤坂通信センター’ なるヘリポート二つ整備した米軍基地がある。北朝鮮の「トランプ先制攻撃には、核で対応する」という’脅し’ のターゲットには、理屈上はTOKYOオリンピック2020会場から自転車でわずか5分のこの場所も、天現寺交差点の米軍基地「ホテル ニューサンノー」も、横田基地など首都圏すべてが含まれているわけだ。

にもかかわらず、北朝鮮のこうした核挑発に対しミシマの言う「民族的憤激」を果たして今日の日本人が抱いているかと言えば、間違いなく答えは否だろう。ヒロシマに至っては、核ミサイルを憂慮憤慨するどころか、同市のプロフェッショナル野球チームの10連勝で盛り上がっているくらいなのだから。

なにも四六時中怒れとは毛頭言わないが、今日の非常時に憤激一つできない国家に果たして未来などあるのだろうか。

最後にもう一つ、付け加えておきたい事。それは、どの新聞もどのネット記事にも日本の自衛隊の存在がゼロだということに他ならない。

これが極めて異常だと感じているのは、果たしてうるさい日本人だけだろうか?!

「沖縄の在日米軍基地で、アメリカ軍が不測の事態に備えスタンバイしている」という類のものは溢れているが、そこには「自衛隊」のカケラもない。これが戦後72年もの間、ワシントンにべったり追従してきた半永久米軍基地国家ジャパーンの実態かと思うと、もう情けなさを通り越してOMG。

核は、使えない兵器ということになっている。

ただ、相手は兄を真昼間のクアラルンプールで暗殺してしまう連中だ。恐ろしいことだが、核の使用も十分に考えられる。たとえ金王朝が地上から吹っ飛ぼうとも。

金正恩の最近の激太りも、まったくの想定外だった。ミシマのかつての’文士仲間’ 石原慎太郎も今では首がなくなってしまったが、あの肥満児も黒海キャヴィアの食べ過ぎかもう頭と胴体が、真っ直ぐに直結してしまっている。

余談だが、平和ボケ子羊国家の防衛軍 (Self Defense Forces) のトップにいるのが、あの田舎っぺ風の泣いてばかりのおばさんかと思うと、これまた正直いたたまれなくなる。

ああ、今日もミシマが泣いている。

原爆、holocaust, 北朝鮮。

民族的憤激、なう。

Good Rising!

雄乃字

覇権国家と三島由紀夫の肉汁

かつてジャパーンは、覇権国家であった。

1943年の秋、東京にアジアのリーダー・民族指導者たちが集まった。インド国民軍創始者チャンドラ・ボーズ、ビルマのバー・モウ首相からインドネシアおよびフィリピンの顔まで錚々たる顔触れを’アジア民族の白人からの解放’ という名目のもとで召集するだけの吸引力が、当時のジャパーンにはあった。

その大東亜会議を実務的にアレンジしたのは、他ならぬ重光葵だった。一外務官僚から外相まで登りつめた人物だ。1945年9月2日に、東京湾で降伏文書にサインしたのも他ならぬ彼であった。

今月の上旬、湯河原に足を運んだ際、そこに「重光葵記念館」なるものに偶然遭遇したが、週末しかやっていないらしくその日も閉館していた。

‘覇権国家’ を、英語では’Super Power’ という。74年前のジャパーンは、まさにそうであった。敗戦後、我が国は1951年のサンフランシスコ講和条約において覇権国家として生きる道を放棄した。というかさせられた。「平和国家」として生きていくということを、国際社会に対しプロミスしたわけだ。

ナンノコッチャない、それは戦勝国と敗戦国が「同盟」を組むとかいう、当初から構造の歪んだ東芝子会社・WESTINGHOUSE製の原発のようなアライアンスだった。冷戦後の覇権国家U.S.Aと、「平和国家」ジャパーン。おかげさまで我が国は防衛費を低く抑え驚異的な経済発展を実現したが、その代償として「自分で自分を守れない国」とかいうモノに成り下がってしまった。

そのアメリカ従属下請け工場ジャパーンに絶望し、1970年11月25日に腹を切ったのが他ならぬ三島由紀夫であった。バディビルで鍛えたそのジューシィな肉体は、東京裁判の舞台でもあった市ヶ谷大本営の地で血まみれとなり、桜の如く散った。

今年の1月、初めて訪れたポルトガルの片田舎の古本屋さんで偶然 YUKIO MISHIMA の「愛の渇き」英語版を見つけ歓喜のあまりすぐさま購入。10000キロ以上はるか彼方の宣教師フランシスコ・ザビエルの母国で、三島の葉隠れ精神は生きていた。というのも、現にアラサー風の店主が「ハガクレー ハガクレーノ」とレジ越しに鼻息荒く、うるさい日本人よりもうるさく迫ってきたのだから。

弱体化したアメリカ合衆国51番目の州ジャパーンは、バトミントン部の練習を終えた13才の女子中学生が拉致されることも防げなかった。1977年のことである。国家のために命を捧げた英霊を祀る靖国神社参拝を、外圧に屈しキャンセルしてしまった首相がいた。1985年のことである。自衛隊は違憲である、と連呼していた人物がわざわざ出さなくてもいい「戦後50年謝罪談話」なる意味不明の反省文を世界に発表してしまった。1995年のことである。

2010年、尖閣諸島沖である国の漁船が海上保安庁の巡視船を当て逃げしようとした。にも関わらず、ある「平和国家」のお偉方たちは失禁でもしたのか、その犯人を無罪釈放してしまった。

果たしてこれが、本当に今から74年前に「覇権国家」だったのと同じ国なのだろうか?! 大東亜会議は、その後1955年のバンドン会議へと’進化’ し、その後さらにAPECになった。重光葵に先見の明があったことは、戦後の歴史が証明している。

2017年現在、中国は南シナ海ですでに7つの人工島を建設し軍事基地化してしまった。「覇権国家チャイナ」誕生に向け、彼らは着々と準備を進めている。かたや「平和国家」の方は、ヘンな髪型の肥満児が核実験とミサイル発射という「2つの高級オモチャ」でいくら遊ぼうとも抗議しかできず、しかもその度に「ジャパーンは米国と共にあります」と自力で守れぬあまりママにすがり’共同声明’を出すのみ。

1947年憲法の9条をエクスキューズに、「先制攻撃はできません、爆撃機はもてません」と現実を直視しない某国に、かつての覇権国家の面影は皆無だ。

わたしは反米ではない、単に脱米なだけである。それが米国のためになることも、皮肉にもワシントンが一番知っている。ただもちろんのこと、ジャパーン自らのために脱米が急務であることを、わたしは去年の初夏に横田米軍基地26キロを6時間かけて一周して痛感したのだった。「日本人が立ち入り禁止の東京ドーム157個分の外国の基地」が、なんと首都の東京にあった。異常な大きさであった。

そしてまた、戦後70年経っても横田を拠点に安全保障を他国に任せっきりにしていることを異常と思わない「国」のボケた思考回路であった。ルネッサンスの文筆家マキャヴェリも警告してるぜ諸君、防衛を第三国に依存する国なんて地図から消えるとね。

ちなみに、新たな覇権国家チャイナ誕生前夜の今、逆にアメリカ合衆国はHealthcare改定案1つ通せないトランプ政権の力量不足もあって弱体化は加速する一方。

最悪なシナリオは、米中という2つの覇権国家がジャパーンの頭越しにベッドインする事態だ。アメリカが、the only Superpower だった時代は過去の話だ。我々自身が「平和国家」なる単なる「平和ボケ」からいい加減George Michael のごとく「Wake Up」し9条を改正せねば、そう遠くない将来「覇権国家のオモチャ ジャパーン」が誕生するであろう。

すでに戦前の日本が支配していた南シナ海は、中国共産党支配下へと急速にパラダイムシフトしつつある。四つ脚動物なら何でも食するという肉汁チャイニーズを食い止めるだけの力は、草食ジャパニーズにはもう残っていないかもしれない。核なき世界という理想論を掲げつつも、ワシントンの核の傘に守られて生き延びているという我が国の矛盾したダブルスタンダードの限界が先日の国連核軍縮会議「騒動」で垣間見えた。ご存知の読者もいるだろうが、日本は核兵器廃絶を唱える無数の国々にNOを突きつけたのだから。

偽善を捨てよ、肉を食おう。

覇権国家ジャパーンを今さら目指す必要は毛頭ない。しかし、せめて頭越しにベッドインされぬだけの筋力ビルドアップが急務だ。三島の肉体の如き軍事力が。それぞ平和とアジアの自由のために。ロックのかかっていない家など空き巣やりたい放題ですもの。

にも関わらずTOKYO薄化粧ボスは、半年経っても豊洲市場移転一つ決断できず、永田町とメディアはたかが幼稚園の案件で未だに思考停止。政争の具としてポリテックスを弄ぶ連中がトップに立つとどうなるか、それは今の崩壊寸前1兆円強の損失を出したTOSHIBAが反面教師。

そしてそんなビールっ腹の権力者を選んでいる連中こそ、最大の元凶。そう、キミだよそこにいるレギィンズの君!

あ、ところで安倍晋三小学校ってまだ願書受け付けてます?!

桜が待ち遠しい、うるさい日本人でした。

Good Rising!

雄乃字