谷山雄二朗が書く二刀流の社説「OUTSPOKEN SAMURAI」Japan Broadcasting

こんにちは。うるさい日本人、谷山雄二朗です。

本日、新しいコンテンツがキックオフしました。

その名もズバリ、「JB」。別名 「OUTSPOKEN SAMURAI 」。

何を隠そう、格好良く言うならば、JAPAN BROADCASTING . NET – JB の社説のようなものです。

Editorial, Column, Blog, Essay, 書き物。

Global Digital Entertainment.

ちなみに、この「JB」に関しては、次のacronym, すなわち頭字語を意味している。

J = Japan、Jump(跳ぶ)、Join(合体する、つなぐ)、Joke(ユーモア、滑稽、じょうだん、おどけ)、Jubilant(歓喜と熱狂あふれる)、Journey、Journalism、地侍、熟慮、自立国家、自尊独立、神社、JoyJump

B=Broadcast, Bushido, 冒険、Boundless(無限の)、Borderless(国境なき)、文章、Bold(大胆)、Blog、ばか者たれ、Bilingual、Buddhism(仏教)、爆発力、Bilateral(相互の)、Benevolence(寛容の精神), Battle (戦い)、Ballistic(弾道の)、Beautiful, Beer, Beginning(はじまり)、Biscuit, Brave(勇敢な)、Bravo(ブラボー)、Brightly(明るく!)

「英国にhumorあり、米国にjokeあり、そしてフランスにwitあり」とはよく言われるが、では日本人の国民性とは何ぞや。勤勉は確かに美徳なのかもしれないが、それも一昔前のこと。過労死が社会問題しているこの頃だが、自分の仕事は終わっているのに「先輩がまだ帰宅しないから」とかいう理由で、夜10時まで社内に残ることはもはや “勤勉” でも何でもなく、思考停止以外の何ものでもない。

どうも日本人は根本的に’まじめすぎる’。それでは、InnovationにつながるIDEASはどうしても生まれにくくなる。ただでさえ超マニュアル社会なのだから。

よってこれから始めるこの「JB」では、あえてその真面目の真逆を行き、あえて「不真面目さ & ゆるさ」をも重視しつつアップデートしていこうと思う。そう、最も軽いとされる元素ヘリウムよりも軽く、気張らずに。

“OUTSPOKEN SAMURAI” は、なんせ我が社の「社説」。

社是を重んじつつも、’うるさい日本人’の直感を読者に話しかけるようなスタイルでぶつけていきたい。

“谷山雄二朗が書く二刀流の社説「OUTSPOKEN SAMURAI」Japan Broadcasting” の続きを読む