‘Fat Turd’ Kim Jong un’s mother was ‘Made in Osaka’

130 kg.

That’s how much he allegedly weighs.

Pretty heavy, to be honest.

1300 km.

That’s the distance from Pyongyang to Tokyo.

Pretty close, to be honest. ICBM shall strike the world’s largest capital of 38 million in less than ten minutes.

Whether the ‘Fat Turd’ (FT) is a smart-cookie or not as hailed by Trump, he indisputably is a huge menace to Japan as well as Asia as a whole.

Of course, we are referring to the ruthless, reckless Pyongyang dictator Kim Jong un.

FT never goes to the gym.

All he does is eat, drink, kill and excrete.

But still, the international media is totally dominated by this Fatty. Not a day goes by without the rockstars ‘FT & Donald’.

Should North Korea be obliterated, he won’t dare take the risks to continue the nuke tests, pundits say.

I don’t believe so.

FT is an enigma.

His mother Ko yong hee’s birthplace is a state secret, to begin with. The AERA magazine, published by Japan’s liberal Asahi newspaper reported back in 2012 that FT (not the Financial Times) ‘s mother was born in Tsiruhashi, Osaka in 1952. Ethnically Korean, she was purportedly a “Zainichi Nisei” (2nd generation Korean residing in Japan) according to quite a few Japanese medias.

As the third wife of the late Kim Jong il, she had three children, and the notorious FT was the second son.

The other Fatty gentleman that was murdered at KLIA recently was FT’s half brother. They had a different mom.

‘Donald Kim’ alliance

While the famously unpopular U.S president’s polls suggest only three out of ten Americans support the man, FT has the backing of 100% of its citizens.

I mean, the North Koreans are deprived of their basic voting rights. Therefore, ostensibly FT enjoys full support from its 25 million citizens.

That’s a stark contrast, isn’t it?!

Hollywood actor Robert De Niro is adamant when he rebukes Trump as a ‘stupid dog’. His coherent stance is pretty much remarkable compared to Mitt Romney for example, who called Trump a ‘phoney’ during the election but later became a panting puppy after Hillary was ousted.

Others in the business seem to have no guts to mock the 45th president the way De Niro does, and I adore the ‘Taxi driver’ for that.

‘Fat Turd’ Kim Jong un is by no means a ‘smart cookie’ as depicted by Trump. I firmly believe he is nothing but an inexplicable, spoiled 130kg dumbass who’s serious only about how to alleviate his feeling of hunger when his people are eating shoes.

Hilariously, Tokyo is a puppet of Trump. The complacency of we the Japanese is staggering, without a single thought on ‘how to face the grave military aggression of not only FT, but also Beijing and Moscow’ in the years to come.

Today is the national constitution day. May 3. It marks the 70th anniversary since our current constitution ‘Made by USA’ made a debut in the ruins of over 66 heavily bombed Japanese cities, leaving two million without a home.

I will not celebrate this day like other flock of sheep without balls, nor raise the Japanese flag.

The highly hypocritical ruling party LDP is yet to accomplish the revision of the contentious ‘article 9’ of the 1946 constitution in which they promised back in 1955. PM Abe and his comrades argue the need to do so ostensibly, but are not really serious about it, since it is by far easier and less risky to remain as the ‘dog on a leash’ – Trump Doggy , that is.

It is proven by the fact you hardly see LDP MP’s addressing the need to amend article 9 out in the open public, like Shibuya and Shinjuku.

I repeat.

LDP is not serious about it, nor are its citizens. So if you work for PLA or the Chinese Communist Party, don’t miss the chance, or you’ll regret it.

Dear readers, I’m by no means downplaying the Whitehorse. All I’m stressing is the need for Tokyo to beef up its sovereignty and military capability to face FT and its communist allies.

Because if we continue our ridiculous subservient attitude towards the US (since the present constitution came to effect on this very day, 70 years ago) , it will endanger not only the land of the rising sun but the ‘bankrupt’ United States of America itself.

‘Please defend us American mommy!’ – that’s been the orthodox, shameful attitude of the Japanese after WW2.

Boy, do we ever grow up.

Fat turd Kim Jong un’s mother was born in Osaka.

Bruce Springsteen was born in America.

The moment Trump or Kim launches a pre-emptive strike on its adversary, some serious consequences will occur. All Tokyo Disneyland, Universal Studios Osaka and Ko Young hee’s birthplace may be obliterated.

But probably that’s only when Tokyo will retain its genuine independence.

Or is post war Japan itself an American joke fellas?!

Let’s wait and see.

Good Rising!

Yujiro Taniyama

Japan Broadcasting – Editor in Chief

ジャイアン北朝鮮の核ミサイルを迎撃するのは、’ドラえもん ジャパーン’

四月二十五日本日は、北朝鮮軍の創設「85周年」だそうだ。

少なくとも、フジテレビのFNNニュースのサイトにはそう書いてある。ただ、それは嘘ではないか。同国がアメリカ合衆国とソ連の外圧によって人工的に「建国」されたのは1948年、よって小学校の足し算が出来る人であれば、今年は創設69年ということになる。

日本人を無数に拉致しておきながら、しらばっくれる国だ。そんな野蛮国家が発表することを、なぜ我が国のメディアは一考さえせずにそのまま受け止め「85周年」と安易に報道するのだろうか。その相変わらずの思考停止は、強調しすぎることはあるまい。

六度目の核実験ないしはICBM発射を今日、同国が行えばトランプ政権は「何かしらの対応」を取るとほのめかしている。正午12時8分現在、英国BBCが五分前に報じたところによると韓国釜山港に米原子力潜水艦 ‘Michigan’ が入港したとのことだ。キムならぬ‘キムチ正恩’(朝鮮には、フィギュアスケートのキム・ヨナから元大統領のキム・デジュンさらには先日平壌で拘束された米国系韓国人の人物の名前もキムであった。よって、本ブログでは差別化を図るために北独裁者は基本的にキムチ正恩でいこうと思う)が、実験を断行すればトランプによる何かしらの軍事行動は、十分に想定できよう。

 

‘1975年までに米軍の大部分が日本から撤退’

ジミー・チュウならぬジミー・カーター元米国大統領の国家安全保障担当補佐官であり、先のオバマ政権においても指南役として重責を担ったアメリカ合衆国の代表的論客 Zbignew Brezinski (ZB)は、1972年に出版した日本論「ひよわな花・日本」(サイマル出版)の中でこう述べている。

 

「四分の一世紀にも及ぶ対米依存と、それにまつわる複雑な感情からみて、国際的地位の向上を求める日本の努力は、アメリカに対する自己主張へ、さらに潜在的には敵対意識へと逸脱していきかねない。そのうえ、日本は世界的大国とみなされ、遇されたいと願いながら、しかもそのためには何をなさねばならないかを十分自覚するに至っていないために、問題はいっそうややこしくなっている」

今から四十五年も前に書かれた本だが、ZBはすでにその時点で「25年’にも’及ぶ対米依存」との表現を用いその異常性を指摘している。

その三倍の75年、すなわち「四分の三世紀」にも達してしまったその依存体質に、うるさい日本人などは正直唖然とするのだが。

さらに同氏は同著のなかでこうも述べている。若干長いが、引用したい。

 

“ジャイアン北朝鮮の核ミサイルを迎撃するのは、’ドラえもん ジャパーン’” の続きを読む

Tokyo predicts Marine Le Pen will become the next French president

The next President of France will be Jean-Marie Le Pen’s daughter, albeit good or bad.

Marie and Marine.

Confusing as their names are, so is the phenomenal shift in the western politics these days. Brexit, Trump and ‘Marie’.

From a Japanese perspective, it is simply unimaginable how father’s name is ‘Marie’ and the daughter ‘Marine’.

I mean, it even sounds like a pure French joke.

No guy in Tokyo is called ‘Yoko’. John Lennon’s wife?! Absolutely. But it’s no boy’s name. It’s like calling Sean Lennon ‘John-Yoko’ Lennon.

Although I may be a nobody in the ‘Far East ‘ (seen from Paris, that is) living in obscurity, this French naming sense is already inexplicable to say the least. And the upcoming election on April 23rd to decide the next ruler of the ‘land of the croissant’ is not only unpredictable like Trump, but inexplicable by nature.

Le Pen daughter is not ‘Far right’

Recent homicides in Europe by Muslim extremists make Le Pen (for get the other ‘Marie’ – he’s just a detail in French politics) appear as a savior rather than a ‘dangerous far right extremist’ as often labeled by the western corporate medias like the AP.

I emphatically claim so due to the fact the so called ‘Far left’ candidate, Melenchon’s manifesto is no different from that of Le Pen – which is to pull France out of the EU.

Furthermore, this newcomer is also lobbying to quit the ‘obsolete’ NATO.

Despite the fact, the former is labeled as the far right and the latter far left.

Why?!

A ‘tougher stance on immigrants’?!

Well Le Pen is surely claiming to deport illegal immigrants mainly from the former French colonies in the North African -sub Sahara region, but taking into account the perpetual suicide bombing by Paris government’s formidable adversary – which is of course the IS and its devout followers, I believe it is only natural to suspend immigrants for the time being till things settle down.

And isn’t that the unshakable reason why she’s surging hugely in the recent polls?!

I unequivocally refute any sort of racism, discrimination and segregation. But the recent bloodshed on innocent civilians in Monaco, Nice, German cities, Belgium and Paris is not only unacceptable, but has probably reached the level of intolerance amongst the Europeans as a whole.

And furthermore, it is nothing got do with ‘racism’. To lead this argument towards that direction is pretty much hypocritical, to my understanding.

That being said, it is only natural for me to reach an unshakable conclusion of a first women president in the land of croissant.

Oh, but you know what?! Croissants in Tokyo taste better these days!

Good Rising!

Yujiro Taniyama

-Japan Broadcasting.net Editor in Chief

「過ちは二度とくりかへしません」と言った日本人。日本に核を落とすと言った、北朝鮮

北の肥満児が、元気である。

その名も、金正恩。

‘Last Samurai’ とは、トム・ソーヤでもトム・クルーズのことでもない。渡辺謙など、それどころではない。

三島由紀夫。

ぼくが知る限り、1970年11月25日に市ヶ谷で切腹した彼ぞ、Last Samurai に相応しい男である。

そんな彼が、「民族的憤激を思ひ起こせ – 私の中のヒロシマ」という寄稿文を書いたのは、昭和四十二年の八月のことであった。

その中で、ミシマはこう述べている。

『ヒロシマ。ナチのユダヤ人虐殺。まぎれもなくそれは史上、二大虐殺行為である。日本人は、「過ちは二度とくりかへしません」といった。原爆に対する日本人の民族的憤激を正当に表現した文字は、終戦の詔勅の「五内為に裂ク」といふ一節以外に、私は知らない』

民族的憤激を忘れた日本人

我々の祖先は、原爆をトランプ氏の先輩大統領ルーズヴェルト&トゥルーマン(前者が作製、後者が投下)によって二度と落とされたにも関わらず、なぜか「二度とくりかへしません」と言ったそうな。少なくともヒロシマの慰霊碑には、そう刻まれている。

かなり不可解な文面であることは言うまでもないが、(アメリカ政府が言うならば、まだ理解できる)いずれにせよ、おデブさんの金正恩率いる北朝鮮は「先制攻撃されたら、在日米軍基地に向け核をぶっ放す」と、事実上明言。日本人がいくら’くりかへしません’ と言ったところで、現実はその日本人が去勢された子羊であることを、痛ましいほど鮮明に浮かび上がらせる。

そこで考えてみよう。

在日米軍基地とは、すなわち日本領土のことである。130個以上という、とてつもなく多くの米軍基地が我が国にはある。それ自体が異常だがそれもそのはず、日本は「自分で自分を守れない国」だそうですので。六本木ヒルズとミッドタウンのちょうど目の前にも’赤坂通信センター’ なるヘリポート二つ整備した米軍基地がある。北朝鮮の「トランプ先制攻撃には、核で対応する」という’脅し’ のターゲットには、理屈上はTOKYOオリンピック2020会場から自転車でわずか5分のこの場所も、天現寺交差点の米軍基地「ホテル ニューサンノー」も、横田基地など首都圏すべてが含まれているわけだ。

にもかかわらず、北朝鮮のこうした核挑発に対しミシマの言う「民族的憤激」を果たして今日の日本人が抱いているかと言えば、間違いなく答えは否だろう。ヒロシマに至っては、核ミサイルを憂慮憤慨するどころか、同市のプロフェッショナル野球チームの10連勝で盛り上がっているくらいなのだから。

なにも四六時中怒れとは毛頭言わないが、今日の非常時に憤激一つできない国家に果たして未来などあるのだろうか。

最後にもう一つ、付け加えておきたい事。それは、どの新聞もどのネット記事にも日本の自衛隊の存在がゼロだということに他ならない。

これが極めて異常だと感じているのは、果たしてうるさい日本人だけだろうか?!

「沖縄の在日米軍基地で、アメリカ軍が不測の事態に備えスタンバイしている」という類のものは溢れているが、そこには「自衛隊」のカケラもない。これが戦後72年もの間、ワシントンにべったり追従してきた半永久米軍基地国家ジャパーンの実態かと思うと、もう情けなさを通り越してOMG。

核は、使えない兵器ということになっている。

ただ、相手は兄を真昼間のクアラルンプールで暗殺してしまう連中だ。恐ろしいことだが、核の使用も十分に考えられる。たとえ金王朝が地上から吹っ飛ぼうとも。

金正恩の最近の激太りも、まったくの想定外だった。ミシマのかつての’文士仲間’ 石原慎太郎も今では首がなくなってしまったが、あの肥満児も黒海キャヴィアの食べ過ぎかもう頭と胴体が、真っ直ぐに直結してしまっている。

余談だが、平和ボケ子羊国家の防衛軍 (Self Defense Forces) のトップにいるのが、あの田舎っぺ風の泣いてばかりのおばさんかと思うと、これまた正直いたたまれなくなる。

ああ、今日もミシマが泣いている。

原爆、holocaust, 北朝鮮。

民族的憤激、なう。

Good Rising!

雄乃字

Doraemon & Naruto will save the world from ‘Pyongyang vs Trump War’

Pundits across the globe are warning the citizens of Tokyo, Seoul and the G7 nations that the ‘dinner is ready’.

Exuberant Trump is ready for a pre-emptive strike on North Korea, they all say, which to me is no surprise.

But wait a minute.

Who’s going to be the ‘victor’ of this upcoming war?! Asaad? No. Mao Asada (Japanese Olympian Skater that retired yesterday)? No. Putin San? No. Mr Xi?! Absolutely not.

Ruthless Kim Jong un vs relentless Trump. It’s highly unlikely they’ll have a ‘hamburger lunch’ anytime soon, but instead a ‘Hamburger – Kimchi War’ could begin in a blink of an eye considering the fact USS Carl Vinson is already on a stand by in Sea of Japan.

Toshiba duped by an American phoney Westinghouse Electric

The viral video of FAA officials forcing an American citizen (not an illegal immigrant) Mr David Dao on UA Flight 3411 was merely repugnant.

Westinghouse Electric’s CEO Danny Roderick who filed for bankruptcy recently was another fraudulent phoney that de facto ‘eradicated’ its parent company Toshiba.

The management of Toshiba were not only dumb, but critically complacent as to be victimized by phoney Roderick’s cold blooded charade.

Since I have no bigotry, I am well aware of the fact that there are quite a few good hearted Americans on its soil. But at the same time those covered on western mainstream medias are usually phoneys and ‘pathological liars’ to my knowledge.

Trump pledged ‘America First’ and won the votes. After 100 days in office, we’ve learned that he’s doing exactly the opposite. Bombing Syria, and next Pyongyang. You call his recent moves ‘World Policeman USA’.

Of course I do not condone the North Korean authoritarian regime nor its biggest communist ally. That being said, Trump’s pressure on Xi Jinping in Florida a couple of days ago was a prudent one.

Hamburger-Kimchi War

But is he actually going to wage a bloody ‘Hamburger – Kimchi’ battle?!
If Heinz made ketchup is the ‘blood’ , then the color of Korean chilly is also the same. I was stunned when I visited Pan Munjon – or the 38th parallel about a decade ago that it was only 40 kilometers from Myongdong, the core shopping center in Seoul.

So if the battle does begin, the South Koreans including the incarcerated beauty Ms Pak Geun hye are likely to fall prey to the Kim Jong un invasion to say the least.

Japan on the other hand may also suffer, with Kim’s unpredictable Nodong missiles presumably crushing into Roppongi or Kyoto or Miyajima. Who knows?!

I am pretty wary and skeptical of the ‘100 % accuracy’ of the so called the US built THAAD system. It is super pricey(unsurprisingly $ billions) , and better be ultra hi tech, but still when Pyongyang fires 30 missiles towards Tokyo Tower it is unthinkable that they’ll be all shot down.

And if the accuracy is just 50%, then it will prove that THAAD is a total failure falling far short of what it’s worth.

It will surely be an embarrassing moment for the Pentagon as well.

Doraemon Go

Japan has no nukes, but instead invented ‘Doraemon’- a super hi tech cat like robot from the 22nd century after WW2.

This ‘cat’ is 1000 times well equipped compared to Mr Tom ‘impossible’ Cruise. If you don’t believe me, please just google it. You’ll know why.

Doraemon is a huge international sensation across Asia. Thais love him, as well as the Chinese and the Koreans. Controversial UA flight’s Mr Dao was depicted as ‘disruptive and belligerent ‘ – according to the CEO of the embattled aviation company. But that usage is blatantly incorrect, while Kim and Trump perfectly matches that depiction, cynically speaking.

Doraemon’ s amicable character, as well as his ‘Moshimo Box’ shall save our planet from entering WW3. He’ll go inside the phone booth(box) and yell ‘If there were no A Bombs in this world!’ – then the whole crisis shall be over.

What you say inside the Moshimo Box becomes a reality! And if by any chance that doesn’t work, NARUTO shall step in. He’s another Japanese Superhero that can make a huge difference in world affairs, to my knowledge. And my pure wish is, ladies and gents….. have ‘Tokyo’ play the crucial role of NARUTO- a funny but super powerful Samurai who loves Ramen( instant type too).

But in conclusion, that’s definitely a ‘mission impossible’ unfortunately, I must admit. Our cowardly, unthinking pacifist constitution set up back in 1946 is somehow still widely effective till this very day, depriving our citizens of the indispensable Samurai Bushido spirit to stand up when needed.

Our subservient attitude towards Washington is a huge surprise even to quite a few Americans friends I know of. If the British mock themselves as the ‘panting puppy’ of the Whitehouse, so are we. In that sense, Trump was perfectly correct when he pointed out during last year’s Presidential election that Japan shall find a way to defend itself against Pyongyang, instead of counting on the US – especially when the Japan-American 1960 defense treaty is hilariously ‘one sided’.

Correct.

You foreign readers of this blog shall be appalled to actually read that in our ‘1946 constitution’ made by Big Mac or Douglas McArthur, it stipulates that ‘the belligerency of the state shall never be maintained’.

I’m not joking fellas, it’s true.

UA flight’s David Dao’s belligerency : 5%

Donald Trump’s belligerency: 75%

Kim Jong un’s belligerency: 90%

Japan’s belligerency: 0%

OMG, isn’t it ridiculous. Maggie, Maggie Thatcher ma’am can you hear me?!

So.

What are we waiting for?! A missile strike by Mr Hamburger of Kimchi-Fatty or Doraemon?!

No, to be honest, NARUTO is whom I count on the most.

Come! I’ll cook a really yummy pork based doro-doro Ramen for you, with tons of garlic! Of course it’s a dream never come true. He’ll never appear.

Good Rising!

Yujiro Taniyama

Japan Broadcasting. net Editor in Chief

だからなんなの慰安婦合意

韓国大統領選挙の5人の候補全員が、俗にいう’慰安婦合意’ に反対だという。

みんな賢明なお方だらけだ、というのもぼくも前から反対だからだ。

そもそも1995年のアジア女性基金なる、48億円の税金プラスさらに寄付金数億円でもまったく「解決」しなかったものを、その20年後に「日韓国交50年だから」と強引に、しかも前回の六分の一程度のお金で「滑り込み解決」してしまおうなどという発想こそ、あまりにも貧困ではないか。

言うまでもなく、国家間の契りを反故にする韓国政府の姿勢は言語道断だが、とはいえ日本側にしても当問題においては極めて感情的かつヒステリックになる朝鮮のアティチュード、及び朝令暮改は十分に予測できたこと。

うるさい日本人が、特に不思議に思うことは今回、長嶺さんという大使のお方がソウルに帰任した際に韓国側に「釜山の慰安婦像を撤去して欲しい」と述べたとのことだ。

だからなんなの?! じゃあ釜山さえ撤去すればいいのですか大使殿?! どう考えても、首都の在ソウル日本大使館前にある慰安婦像の撤去のほうがよっぽど重要だと思うのですがね。

現に2015年12月28日の日韓慰安婦合意の際、「在ソウル日本大使館前の慰安婦像は、撤去される」との大前提・趣旨で10億円を拠出すると政府は国民に主張したはずだ。それがいつの間にか、うやむやになってしまった。

そして先述した通り、今や政府も安倍晋三小学校の元名誉校長のご主人も、官房長官のお方も誰もその’本丸’のほうは避けより安易な「釜山像」だけをターゲットにパフォーマンスを展開している。目の上のたん瘤は、明らかに後者なのに。

ええ、長嶺氏が、帰任しました。だからなんなの?! どうでもいいことではありませんか。誰が次の韓国大統領になろうとも、彼らはみな「合意に反対」だそうですし、そもそも10億円で解決せんとした日本政府が浅はかだったわけです。

‘時をかける爺や’

にもかかかわらず、時をかける爺やこと筒井氏とかいう断筆作家のお方が、認知症を発症されたのか慰安婦像の前で男根だしてejaculate してsemen まみれにすればいいと述べ、韓国側が激昂しているとか。

あいにくぼくは、筒井氏の作品を読んだことがないので著書の感想は書けませんが、このお方は日本人に外国に行ってマスをかけ、とおっしゃっている。やはりクスリをやっておられるようです。

高齢者の過激な発言は大歓迎ですが、上記の時をかける爺やのコメントは、あまりにも低俗かつ品位ゼロのチンパンジー レヴェルで、さらには日本の品位そのものを貶めるものではないか。

このボケ老人(BR)のお方は、黙っていればいいものを元首相の鳩ぽっぽや小泉ジュンジュンの如く、引退後もしゃしゃり出てきて韓国や中国で意味不明の土下座をしたり、反原発活動家とバック転したりするのと同じで、大いなる勘違いをしてらっしゃる。

G7なる「七つの先進国」率いる外相会合が今現在、イタリアで開催されているが、BRの「Semenを慰安婦像にぶっかけろ」発言からは文明国家の匂いどころか’先進国’ のセの微塵も感じられない。欧米知識人が、仮にヨーロッパで同等の発言をしたならば真剣に精神科医を紹介されるであろうことは、想像に難くない。

シリア危機と北朝鮮問題で、国際社会はアップアップしていることもあり、BRに関する英字紙の報道はぼくが見た限りゼロだが、どうであれ長嶺大使の帰任というどうでもいいことで、一人勝手にエキサイトしないで頂きたい。

韓国側の二十万人強制連行説が、完全なるフィクションであることは今更言うまでもありませんが、BRの著作はソウルの本屋さんに並んでいる(いた)というじゃありませんか。つまりそれなりの責任ある立場でらっしゃるわけですね。本当に筒井氏は認知症を患ってらっしゃるのではありませんか。(実際の認知症患者さんを軽んずるものではありません。念のため)

品位に欠けるうるさい日本人が言うのですから、時をかける爺やの下品さはなかなかのものですよ。Japanそのものが、低級かつ低俗な国に見られてしまいます、おかげさまで。

ええ、ただでさえ慰安婦問題においては国際社会で完全なる負け戦を我が国は戦っているのですから、不毛な自爆テロせずに無料チケットでご近所の銭湯に行って湯船に沈んでてくださいな。

あなたの美しくない言葉遣いは、「武士道」を書き世界にJapanの好イメージを拡散した新渡戸稲造のスピリットを踏みにじり、「美しい国 日本」を記した安倍総理の哲学ともおそらく相容れない。ただでさえ「性奴隷国家」との濡れ衣を着せられている我が国なのですから、他国に行ってペニスを出してマスターベーションしろなどと偉そうにボケるなかれ。

ジョークだろうがシリアスだろうが、こうした類の発言は、特に国際問題化したイッシューに関しては言うべきではない。’Japan is a psycho nation’ と、日本はアタマのおかしい国だと意味もなく宣言しているのと同じですからね。ますます性奴隷国家のイメージが固まってしまうじゃありませんか。

あなたは鎖国思考なんです、所詮はとほほ。

BRと同じパスポートを持っていると思うと、かなり恥ずかしい。

監獄にいるパク姉さんのように、時をかける爺やもじっと石になっててくださいな。

Good Rising!

雄乃字

SAKURA in Nagoya! & the dangerous ‘Toys’

 Nobody goes to Nagoya

Japan has entered its so called the poignant ‘Sakura season’.

I recently visited Nagoya, a city of 2.26 million located in the ‘center’ of Japan’s largest Honshu archipelago. The world’s largest automobile maker TOYOTA is headquartered there as some of you may already know.

The fastest Shinkansen ‘Nozomi’  connects Tokyo and Nagoya in just over 90 minutes. But if you are not in such a hurry, ‘Hikari express’ would be fast enough with a comfy ride of approximately 120 minutes.

Despite the fact, this medium sized city (about a half the population of Singapore) is widely ‘ignored’ by the majority of foreign tourists unfortunately. Spaniards and Canadians heading for Kyoto-Osaka from the capital don’t care to bother hopping off the Shinkansen on its way to explore the ‘TOYOTA HQ CITY’ which is a big pity.

I say so because the place is not only about ‘cars’ . It’s like a ‘box of chocolate’ with extraordinary originality and cultural history. Moreover, taking into account that ‘quite a few’ of you foreign tourists purchase  the Japan-Rail-Pass, I don’t understand why you don’t make the best of it – yep, no matter how many times you hop and off the Shinkansen, the price stays the same!

Let us move on.

Since now is the famous cherry blossom season, if you dare to visit Nagoya I recommend you drop by the Tsurumai-Park, the oldest western style park in the region that was set up way back during the Meiji era in 1907.

That’s only two years after Japan prevailed over the Russians in the pivotal Russo-Japan war. Though the victory may have been skin thin deep, it was indeed a historic game changer that crucially influenced the course of modern history. ‘North Korea’ probably wouldn’t have even existed had Japan been vanquished in that battle led by the legendary Japan Navy admiral Togo Heihachiro.

Anyways, here’s one pic I took.

 

Though the sky was a little cloudy, the pink petals were ready for Japan’s intrinsic entertainment.I didn’t see any Russians with a can of Asahi, but I did see quite a few foreigners – which to me looked as though they weren’t ‘tourists’ but residents. They all smelled so ‘local’.

Hop on the Chuo-line from JR Nagoya station, and you’ll arrive at the Tsurumai station in just 15 minutes. The huge park is right there the moment you hop off!

“SAKURA in Nagoya! & the dangerous ‘Toys’” の続きを読む

トランプが北朝鮮の先制攻撃をためらう最大の理由

「ノースコリアは、米本土まで届くICBM をそろそろ完成させるのではないかとハラハラしている」

中国本土で、マンダリンを学ぶ米国人のジェフ(仮名)は昨日、ぼくの目の前で真顔で言った。彼のような危機感を抱き始めているアメリカ人が、着実に増えてきている。

アメリカ合衆国大統領トランプと、中国の習近平氏の首脳会談が今、行われているが、7日午前中(日本時間)、地中海の米海軍駆逐艦から50発のトマホーク巡行ミサイルがシリア空軍基地を目標に発射された、と欧米メディアは一斉に報道。

オバマ前大統領と異なり、トランプ氏が実力行使を行える人物であることが早くも判明した形だが、これで北朝鮮への先制攻撃も益々現実味を帯びてきた。分裂状態にある国内世論を団結させる為には、’共通の敵’ が必要だ。サダムフセインに次ぐ、common enemy が。

今回は、それがシリアのアサードになるのか、それともキム・ジョンウンになるのか。おそらく後者ではないか。

放射能リスク

ただ、2003年の米軍イラク先制攻撃と今回が異なる大きな点は、北朝鮮のターゲットが’核ミサイル基地’ になる公算が高いことだ。つまりトマホークが核弾頭を保有している格納庫に命中すれば、核が’爆発’ し放射能が周囲に飛散するケースも十二分に考えられる。

となれば、放射能汚染が北朝鮮と国境をシェアする核保有国ロシアおよび中国へと拡大する可能性も当然ながらでてくるわけで、3.11の時に日本人が経験し今もなお福島復興の妨げとなっている放射能汚染が、強風に乗りウラジオストクないしは吉林省へ拡大しうる。

最悪のシュミレーションとはいえ、そうなれば中露政府はワシントンに国家賠償を請求するであろう。かつて1965年から10年間続いたヴェトナム戦争で、米軍が’Agent Orange’ こと枯葉剤を大量にヴェトナムの大地に撒いた。その結果、最近広島国際大の客員教授にみごと就任した元結合双生児・ドクちゃん氏(ドクちゃんベトちゃん)のような重度の障害を持った子供が大量に生まれ社会問題となったことは、周知の事実である。

それでも謝罪一つせず、因果関係を今もなお否定しているアメリカ政府。それはヴェトナムが’小国’ だったためだ。しかし今回は大国ロシアと中国だ、放射能汚染が北朝鮮から拡大した場合、ヴェトナム戦争の時のようにしらばっくれる事は出来まい。

国力が弱いと、軽んじられる。それが弱肉強食の国際社会だ。本稿は新幹線の中で書いているが、ちょうど前方のテロップ掲示板に「米国際貿易委員会: 東芝のフラッシュメモリーに特許侵害の疑いを指摘」、と反日魔女狩りニュースが飛び込んできた。こうした狡いジャパンバッシング・弱者虐め(東芝は事実上破綻しているのだから)は、昔からアメリカ人の常套手段であることを忘れてはなるまい。

トヨタの豊田会長が、米議会で謝罪及び巨額の’賠償金’ を米国政府から脅し取られた光景もまだ記憶に新しい。なんだったのかアレは?! そう、Japan Bashing. よく分からない濡れ衣を着せられ、すぐ謝罪するATM。それぞ日本。だから頻繁にbullyされる。’同盟国’なる幻想に惑わされず、狡猾な米国と対等に喧嘩する気概と実力を日本はつけなければなるまい。

法外な言い値で、我が国はペンタゴンからミサイル防御システムをどんどん買わされていることを忘れてはいけないね。

自主防衛できない国家の惨めな現実。

トランプがどういう決断を下そうと、対処できる国家たれ、Japan.

Good Rising!

雄乃字

Japan, US & Mr Trump ready to solve North Korea

A brilliant idea.

Read this ladies and gentlemen.

Trump ready to ‘solve’ North Korea problem without China
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-39475178

Although I do not condone all the policies of Trump, I do fully support his coherent, adamant stance on Beijing and Pyongyang since the inauguration. Unlike Obama who was unable to ‘make decisions’ amid 8 years of PRC’s military aggression and violation of international law in South China Sea (as well as the East) , Trump’s defiant approach is inevitable for the prosperity and peace within the region.

We all know that Kim Jong un is a psychopath and a VX gas assassin, and truly it was a pity I must say that the Malaysian government succumbed to his ‘hostage threat’ two days ago. PM Najib of KL has definitely proven that he’s got no balls.

Trump has the balls, but what about Abe?!

On the other hand, the new US President has got the ‘balls’. He can take risks, and make decisions unlike his predecessor.

I do like the fact that Trump is candid.

He is totally correct when pointing out that Beijing is reluctant to do enough to undermine Pyongyang’s nuclear missile program as well as the frequent ICBM firing into the Sea of Japan. Donald the Great’s mind was also lucid when he asserted in March 2016 CNN interview that ‘Japan better arm itself against the North Korean threat, including the Nukes’.

We’ve all got to bear in mind that PRC’s reiteration ‘China’s approach towards peace’ whatever that means is always nothing but a sham, well proven by the fact they’ve enjoyed building up 7 artificial military bases in S.China sea in the recent years.

Analysts also say a couple of hundred Chinese ICBM’s to say the least are loaded, targeting Japan. Taiwan is of course another Beijing ‘foe’ , with a thousand or more ICBMs ready to wipe out Taipei in minutes.

So when Trump says ‘US will solve this issue without China’ – it makes total sense to me. Trust them not.

Go ask the Tibetans.

His Holiness the Dalai Lama 14th and his comrades as well as the Uighur minorities are facing ‘cultural genocide’ purportedly. Despite the fact Beijing ridiculously justifies its arrogance and violation of human rights as ‘liberation’ – whatever that means.

Let us now go to today’s conclusion.

So we have one big compulsive liar as well as its bestial satellite state on the verge of dominating Asia. And under these crucial circumstances, it is only natural for Tokyo to consider pre-emptive strike on Mr Kim’s bedroom.

But what’s fascinating and hilarious, the undeniable comedy is that we the Japanese don’t have ‘the balls’ – yes, that certainly is the perfect wording.

The descendants of the ‘Samurai warriors’ and Mr Cruise no longer have the guts, determination and the balls to fight against its repulsive communist adversaries.

And this inexplicable flock-of-sheep mentality owes hugely to the so called the ‘Pacifist 1947 constitution’ that stipulates that Japan ought to abandon ‘Sea, land and air forces as well as the belligerency of the state’ – whatever that means.

So Mr Trump, please wake us up!

But please do not do it alone, and let us know (Mr Abe, at least) in advance because when Pyongyang retaliates, they’re going to target Shibuya Hachiko Doggy, Kyoto’s Kiyomiz dera as well as over 130 US bases scattered across Nippon. Mr Kim’s mighty nuclear warheads are yet unlikely to reach Pearl Harbor or the Needle in Seattle.

The dinner is ready Mr Trump! Democracy and Sushi is at stake here.

Good Rising!

Thank you.

Yujiro Taniyama

– Japan Broadcasting. net Editor in chief

覇権国家と三島由紀夫の肉汁

かつてジャパーンは、覇権国家であった。

1943年の秋、東京にアジアのリーダー・民族指導者たちが集まった。インド国民軍創始者チャンドラ・ボーズ、ビルマのバー・モウ首相からインドネシアおよびフィリピンの顔まで錚々たる顔触れを’アジア民族の白人からの解放’ という名目のもとで召集するだけの吸引力が、当時のジャパーンにはあった。

その大東亜会議を実務的にアレンジしたのは、他ならぬ重光葵だった。一外務官僚から外相まで登りつめた人物だ。1945年9月2日に、東京湾で降伏文書にサインしたのも他ならぬ彼であった。

今月の上旬、湯河原に足を運んだ際、そこに「重光葵記念館」なるものに偶然遭遇したが、週末しかやっていないらしくその日も閉館していた。

‘覇権国家’ を、英語では’Super Power’ という。74年前のジャパーンは、まさにそうであった。敗戦後、我が国は1951年のサンフランシスコ講和条約において覇権国家として生きる道を放棄した。というかさせられた。「平和国家」として生きていくということを、国際社会に対しプロミスしたわけだ。

ナンノコッチャない、それは戦勝国と敗戦国が「同盟」を組むとかいう、当初から構造の歪んだ東芝子会社・WESTINGHOUSE製の原発のようなアライアンスだった。冷戦後の覇権国家U.S.Aと、「平和国家」ジャパーン。おかげさまで我が国は防衛費を低く抑え驚異的な経済発展を実現したが、その代償として「自分で自分を守れない国」とかいうモノに成り下がってしまった。

そのアメリカ従属下請け工場ジャパーンに絶望し、1970年11月25日に腹を切ったのが他ならぬ三島由紀夫であった。バディビルで鍛えたそのジューシィな肉体は、東京裁判の舞台でもあった市ヶ谷大本営の地で血まみれとなり、桜の如く散った。

今年の1月、初めて訪れたポルトガルの片田舎の古本屋さんで偶然 YUKIO MISHIMA の「愛の渇き」英語版を見つけ歓喜のあまりすぐさま購入。10000キロ以上はるか彼方の宣教師フランシスコ・ザビエルの母国で、三島の葉隠れ精神は生きていた。というのも、現にアラサー風の店主が「ハガクレー ハガクレーノ」とレジ越しに鼻息荒く、うるさい日本人よりもうるさく迫ってきたのだから。

弱体化したアメリカ合衆国51番目の州ジャパーンは、バトミントン部の練習を終えた13才の女子中学生が拉致されることも防げなかった。1977年のことである。国家のために命を捧げた英霊を祀る靖国神社参拝を、外圧に屈しキャンセルしてしまった首相がいた。1985年のことである。自衛隊は違憲である、と連呼していた人物がわざわざ出さなくてもいい「戦後50年謝罪談話」なる意味不明の反省文を世界に発表してしまった。1995年のことである。

2010年、尖閣諸島沖である国の漁船が海上保安庁の巡視船を当て逃げしようとした。にも関わらず、ある「平和国家」のお偉方たちは失禁でもしたのか、その犯人を無罪釈放してしまった。

果たしてこれが、本当に今から74年前に「覇権国家」だったのと同じ国なのだろうか?! 大東亜会議は、その後1955年のバンドン会議へと’進化’ し、その後さらにAPECになった。重光葵に先見の明があったことは、戦後の歴史が証明している。

2017年現在、中国は南シナ海ですでに7つの人工島を建設し軍事基地化してしまった。「覇権国家チャイナ」誕生に向け、彼らは着々と準備を進めている。かたや「平和国家」の方は、ヘンな髪型の肥満児が核実験とミサイル発射という「2つの高級オモチャ」でいくら遊ぼうとも抗議しかできず、しかもその度に「ジャパーンは米国と共にあります」と自力で守れぬあまりママにすがり’共同声明’を出すのみ。

1947年憲法の9条をエクスキューズに、「先制攻撃はできません、爆撃機はもてません」と現実を直視しない某国に、かつての覇権国家の面影は皆無だ。

わたしは反米ではない、単に脱米なだけである。それが米国のためになることも、皮肉にもワシントンが一番知っている。ただもちろんのこと、ジャパーン自らのために脱米が急務であることを、わたしは去年の初夏に横田米軍基地26キロを6時間かけて一周して痛感したのだった。「日本人が立ち入り禁止の東京ドーム157個分の外国の基地」が、なんと首都の東京にあった。異常な大きさであった。

そしてまた、戦後70年経っても横田を拠点に安全保障を他国に任せっきりにしていることを異常と思わない「国」のボケた思考回路であった。ルネッサンスの文筆家マキャヴェリも警告してるぜ諸君、防衛を第三国に依存する国なんて地図から消えるとね。

ちなみに、新たな覇権国家チャイナ誕生前夜の今、逆にアメリカ合衆国はHealthcare改定案1つ通せないトランプ政権の力量不足もあって弱体化は加速する一方。

最悪なシナリオは、米中という2つの覇権国家がジャパーンの頭越しにベッドインする事態だ。アメリカが、the only Superpower だった時代は過去の話だ。我々自身が「平和国家」なる単なる「平和ボケ」からいい加減George Michael のごとく「Wake Up」し9条を改正せねば、そう遠くない将来「覇権国家のオモチャ ジャパーン」が誕生するであろう。

すでに戦前の日本が支配していた南シナ海は、中国共産党支配下へと急速にパラダイムシフトしつつある。四つ脚動物なら何でも食するという肉汁チャイニーズを食い止めるだけの力は、草食ジャパニーズにはもう残っていないかもしれない。核なき世界という理想論を掲げつつも、ワシントンの核の傘に守られて生き延びているという我が国の矛盾したダブルスタンダードの限界が先日の国連核軍縮会議「騒動」で垣間見えた。ご存知の読者もいるだろうが、日本は核兵器廃絶を唱える無数の国々にNOを突きつけたのだから。

偽善を捨てよ、肉を食おう。

覇権国家ジャパーンを今さら目指す必要は毛頭ない。しかし、せめて頭越しにベッドインされぬだけの筋力ビルドアップが急務だ。三島の肉体の如き軍事力が。それぞ平和とアジアの自由のために。ロックのかかっていない家など空き巣やりたい放題ですもの。

にも関わらずTOKYO薄化粧ボスは、半年経っても豊洲市場移転一つ決断できず、永田町とメディアはたかが幼稚園の案件で未だに思考停止。政争の具としてポリテックスを弄ぶ連中がトップに立つとどうなるか、それは今の崩壊寸前1兆円強の損失を出したTOSHIBAが反面教師。

そしてそんなビールっ腹の権力者を選んでいる連中こそ、最大の元凶。そう、キミだよそこにいるレギィンズの君!

あ、ところで安倍晋三小学校ってまだ願書受け付けてます?!

桜が待ち遠しい、うるさい日本人でした。

Good Rising!

雄乃字