8 Reasons why Japan must obtain Nuclear Weapons. This is no MANGA, fellas

 

This is not a new episode of NARUTO, DORAEMON or YOUR NAME IS.

That’s right, it’s real.

North Korea’s autocratic regime “successfully” tested their latest ‘Hydrogen Bomb’ yesterday (Sept. 3). Congratulations Mr Kim, I think you have done it once again.

You are indeed fat, inexplicable and brave.

North Korea can now inflict violence on Japan using the world’s deadliest weapon.

If you live in Europe or North America I assume that you do not feel their repugnant provocation directly through your skin. 6 days ago the North launched its proud Hwasong-12 missile (meaning Mars) ‘over our mainland’, freaking us out.

The peace loving, unthinking flock of sheep in Tokyo and across the whole nation had their diapers all wet in despair. (Including myself, shame)

The situation in East Asia is escalating rapidly to a crucial level, starring the ruthless barbarian (Mr Kim). I am currently based in Tokyo, which is one of the ‘main targets’ for his men since the world’s largest mega-city is also a ‘home’ for over 130 U.S bases and military facilities, which is of course by far too many to my understanding. (You may be surprised by this hilarious fact already)

 

“All options are on the table” for Washington. Trump tweeted “North Korea is dangerous”, as always. But personally I do play down the ‘pre-emtive strike’ narrative by the U.S, since it is synonymous for the annihilation of Seoul – a city of 10 million.

But of course, it could happen. Hiroshima did happen, and so did Nagasaki.

That being said, probably learning from history means that we have to imagine the unimaginable.

Predict the unpredictable.

I repeat. Pyongyang is an imminent threat. Albeit being the most peaceful man on the face of the earth and also as a timid, shy Japanese national, my argument is that Tokyo should, and must posess its own nuclear weapons.

What? To wage war on China? Well, to be honest we are too ‘old’ for that. Please bear in mind that one out of every four Japanese are now aged over 65.

As the taste of Ramen changes frequently, so should the security stategy. An ‘accidental’ war could be trigerred at any moment in the areas surrounding the Sea of Japan. This is neither a Manga, ONE PIECE or an Anime, meaning that to obtain a new ‘Samurai Sword’ has now become Tokyo’s ultimate priority.

Here are 8 reasons why.

 

 

1. ‘U.S nuclear deterrent’ is unfortunately not working. This fact has been proven by the fact North Korea has already gone nuclear. As a big fan of MLB (and Ichiro), I do count on the world’s most powerful military with a stunning $600 billion annual budget. But even their super pricy ‘nuclear umbrella’ could not prevent Pyongyang going nuclear. Let’s face it.

 

 

2. Absolute deterrent against Pyongyang.  Tokyo desperately needs a feasible deterrent in order to SURVIVE. If NK’s nukes become eligible (in a couple of months) to strike L.A or N.Y, it is highly likely Trump will ‘strike a deal’ with Kim allowing the posession of SRBMs such as Nodong and Tepodong missiles, on the condition they abandon ICBMs – meaning the end of U.S nuclear deterrence for Japan.

 

 

3. BALANCE OF POWER. Besides, the current S.Korean government led by Mun is ultra liberal, with an extremely soft stance on the North. Furthermore, a ‘Unified Korea’ within the next two decades shall also mean ‘Nuclear Korea’. That being said, Tokyo with nukes will neutralize the region. Japan has 46.9 metric tons of plutonium stockpiled (2016), with the capacity to build 5,000 nukes.

 

 

4. ‘9th AMENDMENT’ – About time the ‘Flock of sheep’ claim responsibility for it’s own safety, instead of acting like a panting puppy of Washington (like the U.K) –  Japan has become a ‘burden’ for America as Trump had claimed at a CNN interview in March, 2016 if my memory is correct (“They must pay more for defense, they should defend on its own against N.Korea, U.S is bankrupt with $21 trillion!”, he said, remember?). It is a well known fact that the Japanese are obsessed with ‘nuclear allergy’ due to its traumatic past of Hiroshima and Nagasaki. However, under the current circumstances the ‘unthinkable’ is thinkable. If the Japanese are not dumb, posessing nuclear bombs may also lead to amending the ‘Manga Constitution Article 9’ in the next general election (expected in 2018) – obtaining offensive capability which is currently prohibited under the U.S made 1946 constitution.

 

 

5. SENKAKU ISLANDS. Regional power China is flexing its military muscles daily infiltrating the territorial waters of Japan’s Senkaku Islands. Just like their military buildup in the S.China sea and the reclamation of artificial islands, Beijing is preparing for a direct invasion of the Senkakus which is highly likely to trigger WW3. Nuclear armed Tokyo shall definitely contribute to regional stability. Also remember, we of course do not kidnap human rights lawyers.

 

6. U.S WILL NOT ‘DEFEND’ JAPAN RISKING IT’s MAINLAND. Machiavellism. National interest. That’s how politics work. Don’t get me wrong, I am no anti-American. It’s all the Japanese’s fault that we have been overly dependent and subservient in its relationship with the U.S. I repeat, WE are to blame.

 

7. Non-Proliferation Treaty/Strategy is dead. I do condone the latest moves by 122 brave nations that signed a historic treaty to ban nuclear bombs, but  Kim’s recent nukes/missile tests have invalidated the whole process.  John Lennon’s ‘Imagine’ is a true classic, but the time for hypocrisy is over. Besides, the P5 will never abandon their prerogatives.

 

 

8. Please think for yourself. You are by far smarter than me.

 

 

 

Btw, I saw a brilliant comedy starring Robert De Niro, Sean Penn and Demi Moore last night.

 

That’s right, “We’re No Angels”.

 

Thank you.

 

 

 

Yujiro Taniyama – Editor in Chief, Japan Broadcasting

 

 

 

「憲法改正私案 谷山雄二朗」 北の核実験を受け、抑止力としての核武装を考える

Updated: 9.18.2017

 

北朝鮮が六度目の核実験を強行した可能性が高い、とAP, BBC、Al Jazeera など世界の各メディアは速報している。Magnitude 6.3、深さ23Km。

核弾頭を載せた北のICBMが、今日ダルビッシュ投手が先発 (3回/5失点)したカリフォルニア州を射程圏内におさめた場合、アメリカ合衆国トランプ政権が「同盟国」日本の頭越しに金正恩政権と’直談判’する可能性も現実味を帯びてきた。

つまり、Hwasong (火星) 12号など長距離大陸間弾道ミサイル/ICBMを放棄する代わりに、Rodong(ノドン)など短距離・準中距離弾道ミサイル/SRBM を、ワシントンが認めるというものだ。後者は、日本全土が北の核弾頭の射程圏内にさらされることを意味する。

朝令暮改のトランプ氏だ。米国民をリスクにさらしてまで日本国民を守らんとするわけがない。その結果、「アメリカの核の傘」は事実上消滅し我が国の抑止力は危険水域に達する。だからこそ、ここで改めて「憲法改正私案」を日本国民にご提案したい。

 

 

憲法9条は、次のように改正されるべきだと、うるさい日本人は思う

1. Aspiring sincerely to international disputes based on military provocations by nuclear armed nations, the Japanese people pledge allegiance to the new world order free from military expansionism and atomic weapons.

日本国民は、核保有国による軍事的威嚇に基づいた国際紛争の現実を、誠実に直視し、原子力爆弾および軍事力による領土膨張から自由なる秩序を希求する

 

2. In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, the land, sea and air forces will be maintained. The use of force will be acknowledged to defend our beloved nation, on our own.

前項の目的を達成すべく、陸海空軍を保持する。愛すべく祖国を己の力で守るため、軍事力の行使を認める

 

3. And as the world’s sole nuclear-hit state, we therefore possess the sovereign right of the nation to defend ourselves by any means necessary, including the nuclear weapons unless all other nuclear armed states abandon its own indiscriminate arsenals.

世界で唯一の被爆国、および主権国家として、核保有国が無差別殺戮兵器を放棄せぬ限りは、抑止力としての核をも含む、あらゆる手段を用いて祖国を防衛することを宣誓する

 

 

 

 

いかがだろうか。

核弾頭を載せた北朝鮮のミサイルが、新宿駅西口の小田急デパート前に着弾するまでわずか七、八分。

抑止力としての核を保有することが、我々の身の安全および国家の保全のために「現実的」に必要にならんとしていることを、強調しすぎることはあるまい。平和!戦争反対!を叫んで臭いものにはフタをせんとする代々木駅前の共産党員たちは、単なる無責任な汚染水の如し。

 

 

今年の終戦日、8月15日に発表した “Nuclear War & Japan 憲法改正私案” 全文は、こちらにある。なぜ今、改憲が必要なのかを説明しているので、3時のおやつにでもぜひご参照あれ。

 

どうであれ、今こそ日本人は真剣に北の肥満児の暴発を考えねばならない。従来のように米国依存、他人任せにしていると、気づいた時には「北斗の拳」。

 

“ケンシロウ”が今、もとめられている。

 

戦争をしないために、そして”ジュリア”を救うために。

 

Think Peace. Act real.

 

Thank you.

 

今、TOKYOに原爆が落ちたら死傷者数147,260名

ラジオ体操を楽しみにしていた、全国のファンたちが今朝、落胆した。

 

朝六時半、あの軽快な音楽の代わりに放送されたのは、北の肥満児によるミサイル発射のニュースだったからだ。

 

北朝鮮がミサイルを今日、再び発射し北海道上空を通過したが日本政府は自衛隊に迎撃を命令しなかった。中距離弾道ミサイル「Hwasong 12」(H-12)と思われる、と多数のメディアは報じている。

やはり平壌は、強靭な軍事力を保持するアメリカ合衆国の虎のしっぽを踏まなかった。表向きは東京から南2,500kmの”グアムが標的” といいながら、結局はやはり「自分で自分を守れない国」の上空を、2,700kmミサイル飛行させる’安全策’を選んだ。日本のEEZ外に着弾したとはいえ、明らかに北が我が国を見くびっている行為と断言できよう。

軍備なき外交は、すでに限界を迎えている。

 

 

そこで考えてみたい。今、原爆が東京に落ちたらどうなるのか。

 

 

 

 

9月9日に建国記念日を迎える北朝鮮

去年は、この日に五回目の核実験を行った。韓国当局は「北は核実験の準備が完了した状態である」と昨日、国会に報告したが、となれば今年も何かしらの軍事力誇示を行う可能性は高いのではないか。

 

そこで、うるさい日本人はアメリカ人プログラマー Alex Wellerstein氏の傑作「原爆地図」- Nuke Map を使って、我がTOKYOに北の原爆が投下されたシュミレーションを行ってみた。「2013年に北朝鮮が核実験した10キロトン原爆」という、極めてリアルな状況設定にセット。

 

すると、新宿駅西口の小田急百貨店から、さらに少し西にある東京都庁が奇しくも起爆地として自動的に表示。2017年9月9日、午前8時15分に核弾頭を積んだH-12ミサイルが、世界最大の都市を襲った場合の結果は、以下の通りである。

推定死者数45,020人。推定負傷者数102,240。

それが、このサイトが弾き出した数字である。その信憑性の判断は、賢い読者諸氏におまかせするとして、いずれにせよ新宿駅の乗客、都庁職員、小田急デパートのお客、HILTON東京の宿泊客、新大久保のコリアン・タウン住民は、即死であろう。さらには、新宿御苑と明治神宮も壊滅的な被害を受ける。

 

しかも、”Fallout effects are ignored” と表示されていることから、放射性粒子による影響・被害・後遺症はこの際、まったく考慮されていない。即ち、井伏鱒二の名作「黒い雨」に登場する被爆者たちのように「徐々に髪の毛が抜け、白血病に犯され亡くなっていく」TOKYO都民をも含めれば、総被害者数はまさに天文学的になるのではないか。

 

言うまでもないが、これは最悪のケースを想定してのことである。

 

いや、それも違う。このシュミレーションは、北朝鮮の「四年前の核弾頭」レヴェルをベースにしているため、2017年現在はさらに破壊力を増していると考えるほうが自然だ。となれば、百万、二百万もの屍が新宿通りを中心にパイルアップされるのだろうか。

それは同時に、日本国家の終焉の始まりをも意味しよう。そして、極めて悲観的な見方で恐縮だが、中華人民共和国を率いる共産党、韓国、ロシアは表面上は喪に服すも、みな我が国の没落・消滅を内心、喜ぶであろう。そして首都圏の在日アメリカ軍は放射能被害を恐れ、急遽本国に撤退するのではないか。横田基地も、横須賀も、厚木も、座間も、相模原も、池子も、本牧も、天現寺のNew Sanno基地もみな空っぽになる姿を、うるさい日本人は勝手に想像している。

 

内閣府が、国民生活に関する最新の世論調査を先日、発表した。最も驚いたことは、そのなかで「今の生活に満足」と答えた人は73.9%で過去最高になったという点に他ならない。たかが6,319から得た回答をもとに弾き出しているとはいえ、じつに四人に三人が現状にサティスファイしている計算になる。

これ自体は、もちろん前向きにとらえたい。ただ、にも関わらず、極めて不可解な点はこの国ではその「ハッピーな生活」を守るための改憲議論がまったく行われていない事だ。さらに北朝鮮の核の脅威にこれほどまでにさらされていながら、核武装の「議論」さえもゼロ。

恐るべき思考停止ではないだろうか。

 

最近のアメリカ合衆国のメディアを見聞していると、識者たちが「THAAD(ミサイル防衛システム)による防御が仮に失敗した場合、わたしたち米国は世界の笑いものになろう。そしてそれは、同盟国日本および韓国が独自に核武装せんとする発端となろう」– といった論調が、決して少なくない。

 

これが、自分で自分を守る気概のある当たり前の国の、当たり前の考え方である。つまり、”Common sense”. 常識的な思考。戦後72年の今、北の核の脅威を前に、米国内の世論でさえ上記のように日本の核保有さえ認める方向に変化しつつある。少なくとも、そうした声(以前は考えられなかった)が確実にでてきている。

 

しかしながら、肝心の主役、しかも北のすぐ隣りに位置しその脅威に直面している島国は、相変わらず現実を見て見ぬふりしている。「戦争反対!改悪阻止!」と綴った幼稚園児レヴェルの思考回路に「満足」している。

 

戦争反対? あたりまえである。

うるさい日本人も、Michael Jackson & John Lennon のビッグ・ファンとして世界の平和を祈念する端くれだ。戦争を阻止するために、我が国の軍事力を当たり前のレヴェルに引き上げねばならない、と述べているにすぎない。インドと中国は、昨日まで国境のドクラム地帯で軍事衝突する可能性があった。ひとまず落ち着いたようだが、いつまた一瞬即発の状態になるか分からない。ロシアは、武力で2014年に併合したクリミア半島と同国を結ぶ長さ19キロの鉄橋に、6,000トンのアーチを建設するプロジェクトを先日、始めたばかりだ。来年度末には、完成するとBBCは8月28日付けで報道している。

 

軍事衝突は、我々が品川水族館でマンボを鑑賞している最中にも、世界のどこかで確実に起こっている。それぞ、REALITY.

それこそ「ロシアが国後島から北海道に橋をかけてくる可能性」も、今後否定できない。つまりは、侵略だ。尖閣も、到底例外ではあるまい。

 

そうした軍事力を背景にした、一方的なINVASIONに対し毅然とNOと撃退するためには、確かな武力・防衛力が不可欠だ。そのための確かな議論がこのまま巻き起こらないようでは、日本は沈没するだけであろう。

 

最後に、核保有国とそうでない国々との間の軋轢が、国連の場において激化している。Hwasong 12をはじめとする北朝鮮の脅威が増大するなか、僭越ながら今年の終戦日に 「Japan & Nukes – 憲法改正私案」 を発表させて頂いた。

ぜひとも、3時のおやつにお召し上がりいただきたい。

 

 

Good Rising!

 

Imagine there’s no Nukes.

 

 

Thank you.

 

雄乃字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UK Edition | SENTAKU ISLANDS and the Secrets of the Laundry Machine

One ENGLISHMAN can beat three Frenchmen ー 1599, Shakespeare.

Then can one PANDALANDER beat three Sushilanders?!

The answer is in my latest adventure-fantasy fiction SENTAKU ISLANDS and the Secrets of the Laundry Machine.

A 14 year old Qyunkyun faces unprecedented challenges from dangerous neighbors like the ‘FAT TURD’ of KIMCHILAND, that possesses weapons of mass destruction. 

Can one little girl make a difference?!  

I also thank Andy Bucci for the great editing, a pure professional. 
Hope you are thrilled with the book!

Yujiro 

SENTAKU ISLANDS and the Secrets of the Laundry Machine | U.S Edition

A ROLLING stone gathers no moss. 

Today, I am humbled and honored to introduce you my latest book – SENTAKU ISLANDS and the Secrets of the Laundry Machine.

It is an adventure fiction about a 14 year old girl Qyunkyun from SUSHILAND, battling her way through relentless challenges by rogue neighbors such as the ‘FAT TURD’ of KIMCHILAND.

Deep gratitude to my editor, Andy Bucci for his amazing work. 

Hope you enjoy!

Yujiro 

トランプ政権は、「ファミレス合衆国」: 日本人とNepotism 

こんにちは!

 暖かい日々が続きますが、これは何も地球温暖化のせいだけではなさそうです。

ところで、先のG20の「主人公」は、やはりあのDonaldでした。

EU議長のDonald Tusk ➕Donald Trump. 

イニシャルは、共にDT.
DDTは、悪名高き農薬。

偶然とはいえ、欧州大陸と北米大陸が共にDonaldの支配下にある訳で、これもまた珍しい。さほどコモンな名前でもない。あと挙げるとすれば、せいぜい幕張の Donald Duck.

Donald Trump’s nepotism has reached new heights ; という記事が欧米紙を賑わせている。ネポティズム、という言葉は縁故主義を意味する。

つまりは、コネ。

G20における世界銀行会合で、父親の代わりに娘のIvankaが米国代表の席に座った事をどの記事も揃って糾弾している。「だから縁故主義を禁止する法律があるのだ!」と、反トランプのリベラルメディアHuffpostなどは相変わらず鼻息が荒い。

トランプ政権とは、即ちアメリカ合衆国を単なるファミレスならぬファミリー・ビジネスにしただけのものであることを考えると、今回の件などまったく驚くに値しない。

まさに「ファミレス合衆国」。

よって来年の今頃は、おそらく

クッシュナー国務長官

イヴァンカ国連大使

トランプJr 法務長官

イヴァンカ娘(5歳) 子供省大臣 (新設)

が誕生している可能性さえある。

笑い話ではなく、現実的にありうる。

何故ならば、北米のDonaldは読者もご存知のとおり予測不可能だからだ。米国を「家族経営のファミレス」化してしまったからこそ、同大統領は同じ共和党議員たちからも嫌悪されている。

少なくとも、ぼくが昨日インタビューしたマッチョな米軍横須賀基地関係者はそう述べていた。

では日本は、「ファミレス・ジャパン」?



それでは、肝心の我が国はどうだろう?

安倍家による「ファミレス・ジャパン」化しているだろうか?! 

答えは、明らかにNO.

今日発表されたNHK世論調査では、安倍内閣の支持率が35%で、不支持率48%らしい。

その中でも、加計学園の問題で総理からの「圧力」があったと国民の大多数が感じていると、そのNHK世論調査は弾き出していた。

ぼくも当然あったと思う。

ただ、圧力といった類のものではなく、ちょっとした「友達ご紹介」レヴェルの口添えだったと推測する。

ただ政治とは、そもそもそうした「調整」をすることではないのか。

よって今回のカケーガクエンとかいう変な名前の案件が、それ程大騒ぎすべき問題だとは到底思えない。

やった、やらなかったの追いかけっこを国会という公共の場で行うほど愚かな民族なのか日本人は。

精神的インポテンツの元事務次官を利用した今日の国会も開くだけ税金の無駄だった、とうるさい日本人は考える。

北朝鮮の肥満児、一帯一路のおやじ、さらにはdeflation をはじめ、我々が真剣に向き合わねばならない真の課題は山積しているではないか。

そうした本当に考えねばならない主題の本質を見抜けず、ワイドショー的報道に踊り踊らされ単なる「言った言わなかった」の水掛け論に終始するメディア、国民と白痴政治家たち。

本当に、もうこの国の先はそう長くないかもしれないね。

Nepotism, とは先述した通り縁故主義、コネを悪用することを指す。

いくら近代国家が、情報公開やらクリーンな政治を標榜したところで、「ご縁」がまったく消滅することなどありえない。

結局、世の中は人と人だからだ。

どこまでがコネで、どこまでが「妥当な」人のつながりかの線引きをすることも、決して簡単な作業ではない。所詮は人間のすることだ。

安倍首相が、選挙で選ばれた訳でもない自分の兄を入閣させたならば、それは当然 nepotism と叩かれてしかり。
アッキー夫人によるブルドッグ級暴走は、今更指摘するまでもないが、とはいえ今回のカケー事変如きで内閣支持率が急落してしまったのであれな、日本というのは極めて愚かなで空っぽな目出度い国だということに他なるまい。

ファミレスとコンビニだらけの国家になりつつある日本。

そこには、マニュアル通りの思考だけが幅を利かす面白みゼロの街並みしかない。

つまらない列島国家になりつつある。

少し前に芥川賞を受賞した村田沙耶香の「コンビニ人間」。躍動感のある名作だ。彼女は、コンビニを通じて日本人の思考停止ぶりを巧みに皮肉っている。

アホ!ハゲ!のおばさん議員ではないが、今の時代ほど肩書きとウワベだけで政治家・国会議員になれる時代もなかろう。

しっかりせよ、日本人よ。

馬鹿は選挙で落とせ。怒れ。

目を覚ませ。

我々は民族として今日、確実に劣化している。詐欺師を見抜けない人間が、多すぎる。

三島由紀夫も、泣いている。

Good Rising!

Thank you

雄乃字

Bill Cosby’s “Sex Slaves” ?! Brookhaven duped by Comfort Women

Nothing is more humiliating than a self righteous “human rights hypocrite”. 

I’m referring to the extreme left Korean-American activists in Atlanta, that were successful in misleading Brookhaven Mayor John Ernest to Set up an ugly Comfort Girl statue on July 30.

Mr Ernest is also making a fool out of himself by making such a biased, rigged decision, based on baseless, unsubstantiated claims by the Koreans that these girls were “forced by the Japanese military” during WW2.

Albeit declaring that he is a “History major”, he has not studied any concrete facts and irrefutable truth over this issue – which is horrifying especially when Mr Ernest’s ignorance will hilariously lead to “putting a total blame on the Japanese” alone on Atlanta soil on June 30.

I mean, 200,000 kidnapped SEX SLAVES?!

Beg your pardon me?! Where does that figure come from to begin with?!

Besides, on what basis do these people define the girls as “sex slaves” ?!

Ladies and gentlemen, and to those who are new to this contentious issue, let me please make one thing crystal clear. 

The girls were not. 

Furthermore, even the Seoul government has acknowledged that not a single hard evidence exists that supports the “kidnapped by the Japanese army” theory. 
I repeat. 

200,000 girls kidnapped when Japan was fighting war against Roosevelt and Truman?! 

Give me a break fellas. 

That’s synonymous with arguing that “Bill Cosby was a Sex Slave of all the white women working at Walmart in Brookhaven during the 80’s”.

I do not intend to offend any Walmart employees in Atlanta, but that’s how silly and dumb this “kidnapped sex slaves” narrative is. 

And that is exactly why I unequivocally urge you great American people to wake up before you are all duped by those self righteous pathological liars (please excuse my language, but Bernie Sanders used the same phrase too, I recall!)  – Americans of Korean ancestry. 

And what’s worse, there are also quite a few fake-feminists and ultra left American hypocrites that are making their living by bullying Japan and the Sushi people based on something that simply didn’t happen. 

 Chong Dae Hyup, a prominent Korean feminist group is one of them. 

They are funded by the Korean government, who is also keen on undermining Tokyo to meet its political ends. 

Truth means nothing for Chong Dae Hyup gangsters. 

All they do is receive all the money they could (from both governments) and concerntrate on smear campaign against Japan based on pure fiction. 

Despicable human scum they are. 

Far worse than that Pharmaceutical Martin Skrelli guy. (Currently undergoing a trial in New York)

If you are still dubious or sckeptical on which side is factually correct (logically as well) , please grab a can of Bud and watch the speech RACISM AMERICA AND SEX SLAVES – in which I made at the Central Washington University some time ago. 

You surely won’t regret it. 

For further studying, I recommend the trailer of the documentary SCOTTSBORO GIRLS.
Lastly, please bear in mind everyone that the U.S STATE DEPARTMENT’s HUMAN TRAFGICKING REPORT 2014 clearly states that “Over 200,000 Korean girls leave home annually, and are engaged in prostitution”. 


You can download the PDF on the internet, so please. 


That being said, what we’ve got to really focus on is the ongoing, rampant sex business in South Korea now in 2017 – instead of killing time and enjoying setting up ugly statues on beautiful US soil, just to satisfy chubby Democrat Mike Honda who is also using this issue to win Korean American votes in his constituency. 

Mythical protagonist.

That’s what the Comfort girls were, or are. 

Not sex slaves as we know of today. 

When collapsing North Korea is a plausible speculation today, Japan PM Abe will not kowtow nor collapse before the pathological liars. 

I mean by any chance he does make any further concession, he’d better Harakirey at his home on YouTube live. 

If the Black lives matter, so does the truth. 

My name is not Al Gore, but I do apologize to you Korean racist bullies for disclosing the inconvenient…. no, the  uncomfortable truth. 

Good Rising!
Thank you. 

Yujiro Taniyama
– Japan Broadcasting Editor in Chief 

目眩まし、欧米崇拝とTOKYO

今、発売中の新潮に東大教授の藤原正彦氏が書いているコラムが、素晴らしい。

偶然立ち寄った六本木のコンビニエンスストア「立ち読みコーナー」で、思わず胸が熱くなった訳だが、しかも、うるさい日本人が今考えていることと、あまりにもシンクロナイズしているのでささっとご紹介したい。

まず、氏の今回の題名はこうだ。
カタカナ英語を頻用する人は、『優れているように見せたい人』と思っていいだろう。




まったく同感である。


さらに藤原氏は、こう続ける。

「小池知事が所信表明の乏しい内容を糊塗するため、目眩しとして英語を入れたのならいじましい。人々の英語に関する無知や欧米崇拝につけ込んで自分の印象を高めようと画策したのなら、いやらしい」

Absolutely.

と、英語をあえて挿入してしまったが、ぼくの場合は目眩しとして入れている訳ではまったくない。これは「その通り」、と相槌を打つ言葉だが、オーストラリアおよびバンコックのインターナショナルスクールでスポイルされた筆者にとって、英語とはどこかの英語圏出身でもないエゴ丸出しおばさんとは異なり、目眩しでもなければ、自分の印象を高めるものでも到底ないのである。

何を隠そう、血であり、肉なのだ。

卑猥な言葉で恐縮だが、先日も、自由が丘の駅そばで犬のウンコちゃんを踏んで咄嗟に出てきた言葉は、やはり素直に Fxxx であった。





小池知事が、エゴ丸出しのEGO YURI である理由

さて。

明日キックオフする東京都議選にむけ、うるさい日本人が愉快なな仲間たちと急きょ作った歌ぞ、知る人’EGO YURI おばさん’.

と、それはさておき、藤原教授はさらに真理に突進していく。

そして小池氏が、次の言葉を所信表明で使っていることを揶揄する。

サステイナブル、セーフシティ、レガシー、コンプライアンス、ダイバーシティ。。。
OMG. (藤原教授の言葉ではありません)
そう、その通り。

豊洲問題と同様、小池氏は内容がまったくと言っていい程無いため、下手なカタカナを連呼する訳だ。言葉が低俗で恐縮だが、明らかにペテン師の部類に入るだろう。

しかもこのエゴゆりおばさんは、あれだけ焦らして、都民の血税を10ヶ月で100億円も無駄遣いしておきながらご存知の通り豊洲移転をようやく表明。

築地も、とりあえずキープするという、単なる二股。

そしてあの所信表明会見でも、同氏は「ワイズスペンディングできるよう」、とまたまた下手なカタカナ英語を使ったことは記憶に新しい。
うるさい日本人は、すぐにその意味は把握できたが、刺抜き地蔵の有権者のおばあちゃんらに、女子大生らにとっては到底ちんぷんかんぷんの言葉であることは、想像に難くない。

「わ。。。わいず?!? ガニ?!」

おいおい、それはズワイガニだろう。

余談はさておき、だ。

つまるところ、小池百合子という人物は、藤原教授が指摘している通り「自分が優れているように見せたい人」なのではないだろうか?!

ルー大柴さんならまだしも、同氏は日本No2 ポストの東京都知事である。それがペテンまがいの事を行なっていて果たしていいのだろうか?!
釈迦に説法、いや表現がちょっと違う。自画自賛するようで嫌味ったらしく恐縮だが、総理大臣ないしは東京都知事に求める英語レヴェルは、最低でもうるさい日本人が少し前にアメリカ合衆国ワシントン州で行なった演説 の更に上に行くものでなければなるまい。

今の小池氏のレヴェルでは、CNNインタビューを通訳無しで受けることは不可能だ。その程度の英語力だと思う。

我が国が国際社会において、存在感のある一流国家として輝くためには、logical thinking; 即ちロジックに基づいた説得力のある英語を首相および都知事が駆使せねばならない。

それが、即ちJapan力を強化するからだ。

ちなみにこのスピーチを撮影してくれたのは、ぼくが愛する同志の三宅まこと狛江市議会議員(トップ当選)だが、うるさい日本人がこよなく尊敬する同氏の父親で、安倍政権(二次)の産みの親でもあった三宅久之氏こそ、「日本を強い国家にすべく国際性を磨け日本人よ」、と口すっぱくして国民を啓蒙した一級の評論家・人物であった。

そう、テレビタックルで、たけしとやり合っていたあのスキンヘッドのおじさんである。(思わず納得する読書も多いだろう。ちなみに、当時久之のマネージャーを務めていたのがミユキングこと三宅なこと氏の美人御婦人である)

本題に戻る。

こうした事柄を鑑みると、小池知事の英語力は三宅氏の指摘した国際性とは、ほど遠い所にあることが一目瞭然だ。惜しくも筆者は、前に挑んだ東京都知事選挙において街頭演説に必ず英語で訪日外国人観光客にインタビューした。

我が国が、真の国際性豊かな国家へと脱皮することを願ってのことである。ヘイトスピーチなどという、国家の恥とは真逆の internationalism (これは簡単だからわかるよね!) 、そう、国際性を日本人が持たねば、我が国は世界の孤児になってしまうと考えているからに他ならない。

また、藤原東大教授は新潮のコラムの中で大学を出て二年目の女子が「英語喋る人ってなんかすご〜いって感じがするんです」、と同氏に語ったことを吐露している。

全国津々浦々の女子大生諸君、そして二十代の女子キャリアウーマン諸君、騙されてはいけないぜ。エゴゆりおばさんの英語なんてのは、教授がおっしゃる通り「カタカナ英語を頻用する人は、『優れているように見せたい人』」以外の何ものでもない。
仮に嘘だと思うなら 「エゴゆり おばさん」の51秒目をご覧頂きたい。このおばさんは、これまで自分を刺抜き地蔵のおばちゃんらに優れているように見せてきた “DIVERSITY” という単語を、ダイバー。。。シティ、と区切って発音している。

それは、純粋に間違っている。

しかもこれでは、お台場の「お台場シティ」ないしは「飛び込みシティ」にしか聞こえない。Diversityとは、本来は多様性を意味するのだが、エゴゆりおばさんの手にかかると意味不明の言葉に変質してしまうのだ。

残念ながら小学生程度の英語力なのかもしれない、小池知事は。

よってあの「ダイバーシティ」の間違った発音を指摘した上で最後の最後に、うるさい日本人、藤原正彦教授にノン!「(フランス語)と声高らかに申し上げたい。

同氏は、コラムの中でこう指摘されている。

『小池知事も英語の達人ということになっているが、彼女のインタビューを聞いた限りでは発音はいいものの、単語の選択の拙さから達人とはとても思えなかった』

教授、彼女の発音も最低なんですぜ。

よって東京都民の諸君。

11か月前、うるさい日本人にではなく、エゴゆりおばさんに一票を投じたことはこの際、特別に許してあげよう。

ただ今回、間違えても自分ファーストの会に入れるようなことがあるならば、もう許すまい。男性都民は、宦官の刑(笑笑)。

過半数絶対阻止。

確かに自民党はリベラルとコンサーヴァティヴがごちゃ混ぜちゃんこ鍋化した、完璧ではない党だ。ただ、現段階では自民しかないだろう。
少なくとも、自分ファーストの会が過半数取得するのは阻止すべきだ。

Why?!

それはエゴゆりおばさんの取り巻きらは、「何をしたいのかまったく不明」の方々だからだ。それは小池百合子氏が、これまでの11ヶ月もの間東京のために何もしてこなかった事と無縁ではある。

7月2日。都民のみなさん、貴重な一票を大事に使おう。

Thank you.

Good Rising!

雄乃字

P.s. ちなみに週刊新潮で一番重要な記事は、ぼくの精神的支柱である櫻井よしこ先生の「日本ルネッサンス」。三度の飯を抜いてでも、let’s read it.

Korea’s Mun Jae in is a Big Fat Liar – 韓国の文大統領は真っ赤な嘘つき

This newly elect is a dangerous man.

First of all, he seems quite comfortable making blatant lies.

Ultra leftist South Korean president Mun Jae in made a baseless, repugnant statement on  Washington Post Lally Weymouth interview 2 days ago. 

Just as a reminder, I’d like to underscore the fact that Mun (not Mum) is such an ultra left extremist that he’s now proposing CO-HOSTING THE 2018 WINTER OLYMPICS WITH NORTH KOREA. 

This is a ridiculous claim, given the fact Pyongyang is a notorious, barbaric state run by a human scum Kim Jong un. An innocent 22 year old American Otto Warmbier was de facto murdered by the fat turd regime for “subversion”; as you may already heard of recently. 



Demagoguery Mun Jae in

Now. 

When interviewed by Ms Weymouth  two days ago on his plan to “reexamine the 2015 comfort women agreement” that was signed by Mun’s predecessor Pak Geun bye and Japan’s PM Abe, this is what he said. 

A: The comfort-women agreement that we made with Japan during the last administration is not accepted by the people of Korea, particularly by the victims. They are against this agreement. The core to resolving the issue is for Japan to take legal responsibility for its actions and to make an official [government] apology. But we should not block the advancement of Korea-Japan bilateral relations just because of this one issue.

Boy, what an unthinking man he is, enjoying the so called “victimhood” on a controversy based on unsubstantiated claims by the former Comfort Women.

But we won’t go into debating the issue itself on this blog. On the other hand, it is my sincere duty to notify and prove to each and every one of you how discredited this pro Pyongyang man is. 

To my understanding, this is in a way a crime perpetrated with words.
Mun argues that “the agreement is not accepted by the Koreans, PARTICULARY BY THE FMR COMFORT WOMEN”;  which is an untrue, baseless claim. 

Why?!

Because out of the 46 fmr Comfort Women, 34 have accepted and received $97,000 each. Furthermore, Korea’s Yonhap news agency reported on Dec.23,2016 article that 35 families of the bereaved fmr Comfort Women also had been paid $20,000 each. 

This is a huge sum especially when considering the fact that 61 former Korean Comfort Women had already received $50,000 each through the Asian Women’s Fund that was established in 1995. 

Taking these irrefutable facts into account, we, the people of the civilized modern world must not dare hesitate to defy Mun’s absurd lie that “especially the fmr Comfort Women do not accept the 2015 agreement”; when majority of them have accepted the money. 

Therefore, we should not take Mun’s statement at face value, nor be duped by this pro Pyongyang demagoguery. 

“TOY”
Lastly, let me also refute his claim that Abe ought to “apologize”. 
Beg your pardon?

The Japanese PM’s have repeatedly “apologized” since PM Miyazawa Kiichi in 1992. To my understanding, it’s been apparently overdone. 

I lastly would like to underscore the fact that Korean politicians and their hyper hysterical media use this contentious issue to meet their political ends. 

For them, and their hypocritical “human rights activists” – those unfortunate elderly ladies are nothing but a toy to gain subsidies and votes, or a political tool to say the least. 

Good Rising!

Yujiro Taniyama
– Japan Broadcasting Editor in chief 

国際基準に達しているか

 

こんにちは!

風鈴の音、いや、発泡酒が美味しい季節になってきました。

 

さて。

 

我が国における「日本国民の情報へのアクセス」・「インターネットの自由度」・「報道の自由」に関し、カリフォルニア大学の教授が大幅に改善の余地ありとの国連報告書を最近、発表しました。

それに関する考えは、ここではさておき、今回のBLOGでは日本における肝心の「言論の自由度」について考えてみたい。

 

というのも、近々ぼくはヘンな「爆弾」を投下するからです。笑笑

“MOAB” = Mother Of Analysis Bombs” (解析学の言論爆弾)、とでも呼んでおきましょうか。 僭越ながら、この “MOAB”は、日本の報道ならぬ「言論の自由」のレヴェルが国際基準に達しているか、の一つのバロメータになると、うるさい日本人は考えています。

 

 

 

 
Public Figure 

911テロを扱ったドキュメンタリー映画「華氏911」。

ご覧になった方も多々いると思いますが、あの中で、マイケル・ムーア監督は、George W.Bush 大統領の選挙演説、プロモーション映像、集会での発言映像を多数インサートしています。

ブッシュ氏が、公約を遵守しているかを厳しくチェックするためであり、それは民主主義が力強く機能するための鍵でもある。
では、同監督がブッシュ大統領に、それらの「使用許可」を取ったか。

100%ありえません。

なぜか。

それは、欧米先進国では政治家などの公人は “Public Figure” とされ、その写真も映像も「公的なもの」として考えられているからに他なりません。

簡単な話、フリー素材そのものなのです。

英国の Theresa May首相も、アメリカ合衆国のDonald Trump大統領も、完全に「使われ放題」。プライヴァシーというものは、”Public Figure”には存在しないからです。

それほど、税金で暮らしている公人に対し、ありとあらゆる情報を公開させ、有権者の判断材料としてシェアせんことに重きをおいている。

 

よって今回、ぼくが愉快な仲間たちと共に投下する予定の “MOAB”。

 

おそらくないとは思いますが、仮にこの「言論爆弾」に対し異議を唱え、法的に訴えるような勢力が出てこようものならば、それは日本という国のDEMOCRACYおよび言論の自由の成熟度が、国際基準のレヴェルにまったく達していないと結論づけることができましょう。

まあ、ジャンルは「コメディー」なので、一億二千万人の日本国民に気軽に、please enjoy!

 

まずは、”Outspoken Samurai”の読者のあなたに、ふとお伝えしたく。

 

あ、もちろん爆弾ですので不発弾になる可能性が大いにあることもお忘れなく。

 

 

Good Rising!

 

Thank you.

 

雄乃字