「過ちは二度とくりかへしません」と言った日本人。日本に核を落とすと言った、北朝鮮

北の肥満児が、元気である。

その名も、金正恩。

‘Last Samurai’ とは、トム・ソーヤでもトム・クルーズのことでもない。渡辺謙など、それどころではない。

三島由紀夫。

ぼくが知る限り、1970年11月25日に市ヶ谷で切腹した彼ぞ、Last Samurai に相応しい男である。

そんな彼が、「民族的憤激を思ひ起こせ – 私の中のヒロシマ」という寄稿文を書いたのは、昭和四十二年の八月のことであった。

その中で、ミシマはこう述べている。

『ヒロシマ。ナチのユダヤ人虐殺。まぎれもなくそれは史上、二大虐殺行為である。日本人は、「過ちは二度とくりかへしません」といった。原爆に対する日本人の民族的憤激を正当に表現した文字は、終戦の詔勅の「五内為に裂ク」といふ一節以外に、私は知らない』

民族的憤激を忘れた日本人

我々の祖先は、原爆をトランプ氏の先輩大統領ルーズヴェルト&トゥルーマン(前者が作製、後者が投下)によって二度と落とされたにも関わらず、なぜか「二度とくりかへしません」と言ったそうな。少なくともヒロシマの慰霊碑には、そう刻まれている。

かなり不可解な文面であることは言うまでもないが、(アメリカ政府が言うならば、まだ理解できる)いずれにせよ、おデブさんの金正恩率いる北朝鮮は「先制攻撃されたら、在日米軍基地に向け核をぶっ放す」と、事実上明言。日本人がいくら’くりかへしません’ と言ったところで、現実はその日本人が去勢された子羊であることを、痛ましいほど鮮明に浮かび上がらせる。

そこで考えてみよう。

在日米軍基地とは、すなわち日本領土のことである。130個以上という、とてつもなく多くの米軍基地が我が国にはある。それ自体が異常だがそれもそのはず、日本は「自分で自分を守れない国」だそうですので。六本木ヒルズとミッドタウンのちょうど目の前にも’赤坂通信センター’ なるヘリポート二つ整備した米軍基地がある。北朝鮮の「トランプ先制攻撃には、核で対応する」という’脅し’ のターゲットには、理屈上はTOKYOオリンピック2020会場から自転車でわずか5分のこの場所も、天現寺交差点の米軍基地「ホテル ニューサンノー」も、横田基地など首都圏すべてが含まれているわけだ。

にもかかわらず、北朝鮮のこうした核挑発に対しミシマの言う「民族的憤激」を果たして今日の日本人が抱いているかと言えば、間違いなく答えは否だろう。ヒロシマに至っては、核ミサイルを憂慮憤慨するどころか、同市のプロフェッショナル野球チームの10連勝で盛り上がっているくらいなのだから。

なにも四六時中怒れとは毛頭言わないが、今日の非常時に憤激一つできない国家に果たして未来などあるのだろうか。

最後にもう一つ、付け加えておきたい事。それは、どの新聞もどのネット記事にも日本の自衛隊の存在がゼロだということに他ならない。

これが極めて異常だと感じているのは、果たしてうるさい日本人だけだろうか?!

「沖縄の在日米軍基地で、アメリカ軍が不測の事態に備えスタンバイしている」という類のものは溢れているが、そこには「自衛隊」のカケラもない。これが戦後72年もの間、ワシントンにべったり追従してきた半永久米軍基地国家ジャパーンの実態かと思うと、もう情けなさを通り越してOMG。

核は、使えない兵器ということになっている。

ただ、相手は兄を真昼間のクアラルンプールで暗殺してしまう連中だ。恐ろしいことだが、核の使用も十分に考えられる。たとえ金王朝が地上から吹っ飛ぼうとも。

金正恩の最近の激太りも、まったくの想定外だった。ミシマのかつての’文士仲間’ 石原慎太郎も今では首がなくなってしまったが、あの肥満児も黒海キャヴィアの食べ過ぎかもう頭と胴体が、真っ直ぐに直結してしまっている。

余談だが、平和ボケ子羊国家の防衛軍 (Self Defense Forces) のトップにいるのが、あの田舎っぺ風の泣いてばかりのおばさんかと思うと、これまた正直いたたまれなくなる。

ああ、今日もミシマが泣いている。

原爆、holocaust, 北朝鮮。

民族的憤激、なう。

Good Rising!

雄乃字

だからなんなの慰安婦合意

韓国大統領選挙の5人の候補全員が、俗にいう’慰安婦合意’ に反対だという。

みんな賢明なお方だらけだ、というのもぼくも前から反対だからだ。

そもそも1995年のアジア女性基金なる、48億円の税金プラスさらに寄付金数億円でもまったく「解決」しなかったものを、その20年後に「日韓国交50年だから」と強引に、しかも前回の六分の一程度のお金で「滑り込み解決」してしまおうなどという発想こそ、あまりにも貧困ではないか。

言うまでもなく、国家間の契りを反故にする韓国政府の姿勢は言語道断だが、とはいえ日本側にしても当問題においては極めて感情的かつヒステリックになる朝鮮のアティチュード、及び朝令暮改は十分に予測できたこと。

うるさい日本人が、特に不思議に思うことは今回、長嶺さんという大使のお方がソウルに帰任した際に韓国側に「釜山の慰安婦像を撤去して欲しい」と述べたとのことだ。

だからなんなの?! じゃあ釜山さえ撤去すればいいのですか大使殿?! どう考えても、首都の在ソウル日本大使館前にある慰安婦像の撤去のほうがよっぽど重要だと思うのですがね。

現に2015年12月28日の日韓慰安婦合意の際、「在ソウル日本大使館前の慰安婦像は、撤去される」との大前提・趣旨で10億円を拠出すると政府は国民に主張したはずだ。それがいつの間にか、うやむやになってしまった。

そして先述した通り、今や政府も安倍晋三小学校の元名誉校長のご主人も、官房長官のお方も誰もその’本丸’のほうは避けより安易な「釜山像」だけをターゲットにパフォーマンスを展開している。目の上のたん瘤は、明らかに後者なのに。

ええ、長嶺氏が、帰任しました。だからなんなの?! どうでもいいことではありませんか。誰が次の韓国大統領になろうとも、彼らはみな「合意に反対」だそうですし、そもそも10億円で解決せんとした日本政府が浅はかだったわけです。

‘時をかける爺や’

にもかかかわらず、時をかける爺やこと筒井氏とかいう断筆作家のお方が、認知症を発症されたのか慰安婦像の前で男根だしてejaculate してsemen まみれにすればいいと述べ、韓国側が激昂しているとか。

あいにくぼくは、筒井氏の作品を読んだことがないので著書の感想は書けませんが、このお方は日本人に外国に行ってマスをかけ、とおっしゃっている。やはりクスリをやっておられるようです。

高齢者の過激な発言は大歓迎ですが、上記の時をかける爺やのコメントは、あまりにも低俗かつ品位ゼロのチンパンジー レヴェルで、さらには日本の品位そのものを貶めるものではないか。

このボケ老人(BR)のお方は、黙っていればいいものを元首相の鳩ぽっぽや小泉ジュンジュンの如く、引退後もしゃしゃり出てきて韓国や中国で意味不明の土下座をしたり、反原発活動家とバック転したりするのと同じで、大いなる勘違いをしてらっしゃる。

G7なる「七つの先進国」率いる外相会合が今現在、イタリアで開催されているが、BRの「Semenを慰安婦像にぶっかけろ」発言からは文明国家の匂いどころか’先進国’ のセの微塵も感じられない。欧米知識人が、仮にヨーロッパで同等の発言をしたならば真剣に精神科医を紹介されるであろうことは、想像に難くない。

シリア危機と北朝鮮問題で、国際社会はアップアップしていることもあり、BRに関する英字紙の報道はぼくが見た限りゼロだが、どうであれ長嶺大使の帰任というどうでもいいことで、一人勝手にエキサイトしないで頂きたい。

韓国側の二十万人強制連行説が、完全なるフィクションであることは今更言うまでもありませんが、BRの著作はソウルの本屋さんに並んでいる(いた)というじゃありませんか。つまりそれなりの責任ある立場でらっしゃるわけですね。本当に筒井氏は認知症を患ってらっしゃるのではありませんか。(実際の認知症患者さんを軽んずるものではありません。念のため)

品位に欠けるうるさい日本人が言うのですから、時をかける爺やの下品さはなかなかのものですよ。Japanそのものが、低級かつ低俗な国に見られてしまいます、おかげさまで。

ええ、ただでさえ慰安婦問題においては国際社会で完全なる負け戦を我が国は戦っているのですから、不毛な自爆テロせずに無料チケットでご近所の銭湯に行って湯船に沈んでてくださいな。

あなたの美しくない言葉遣いは、「武士道」を書き世界にJapanの好イメージを拡散した新渡戸稲造のスピリットを踏みにじり、「美しい国 日本」を記した安倍総理の哲学ともおそらく相容れない。ただでさえ「性奴隷国家」との濡れ衣を着せられている我が国なのですから、他国に行ってペニスを出してマスターベーションしろなどと偉そうにボケるなかれ。

ジョークだろうがシリアスだろうが、こうした類の発言は、特に国際問題化したイッシューに関しては言うべきではない。’Japan is a psycho nation’ と、日本はアタマのおかしい国だと意味もなく宣言しているのと同じですからね。ますます性奴隷国家のイメージが固まってしまうじゃありませんか。

あなたは鎖国思考なんです、所詮はとほほ。

BRと同じパスポートを持っていると思うと、かなり恥ずかしい。

監獄にいるパク姉さんのように、時をかける爺やもじっと石になっててくださいな。

Good Rising!

雄乃字

トランプが北朝鮮の先制攻撃をためらう最大の理由

「ノースコリアは、米本土まで届くICBM をそろそろ完成させるのではないかとハラハラしている」

中国本土で、マンダリンを学ぶ米国人のジェフ(仮名)は昨日、ぼくの目の前で真顔で言った。彼のような危機感を抱き始めているアメリカ人が、着実に増えてきている。

アメリカ合衆国大統領トランプと、中国の習近平氏の首脳会談が今、行われているが、7日午前中(日本時間)、地中海の米海軍駆逐艦から50発のトマホーク巡行ミサイルがシリア空軍基地を目標に発射された、と欧米メディアは一斉に報道。

オバマ前大統領と異なり、トランプ氏が実力行使を行える人物であることが早くも判明した形だが、これで北朝鮮への先制攻撃も益々現実味を帯びてきた。分裂状態にある国内世論を団結させる為には、’共通の敵’ が必要だ。サダムフセインに次ぐ、common enemy が。

今回は、それがシリアのアサードになるのか、それともキム・ジョンウンになるのか。おそらく後者ではないか。

放射能リスク

ただ、2003年の米軍イラク先制攻撃と今回が異なる大きな点は、北朝鮮のターゲットが’核ミサイル基地’ になる公算が高いことだ。つまりトマホークが核弾頭を保有している格納庫に命中すれば、核が’爆発’ し放射能が周囲に飛散するケースも十二分に考えられる。

となれば、放射能汚染が北朝鮮と国境をシェアする核保有国ロシアおよび中国へと拡大する可能性も当然ながらでてくるわけで、3.11の時に日本人が経験し今もなお福島復興の妨げとなっている放射能汚染が、強風に乗りウラジオストクないしは吉林省へ拡大しうる。

最悪のシュミレーションとはいえ、そうなれば中露政府はワシントンに国家賠償を請求するであろう。かつて1965年から10年間続いたヴェトナム戦争で、米軍が’Agent Orange’ こと枯葉剤を大量にヴェトナムの大地に撒いた。その結果、最近広島国際大の客員教授にみごと就任した元結合双生児・ドクちゃん氏(ドクちゃんベトちゃん)のような重度の障害を持った子供が大量に生まれ社会問題となったことは、周知の事実である。

それでも謝罪一つせず、因果関係を今もなお否定しているアメリカ政府。それはヴェトナムが’小国’ だったためだ。しかし今回は大国ロシアと中国だ、放射能汚染が北朝鮮から拡大した場合、ヴェトナム戦争の時のようにしらばっくれる事は出来まい。

国力が弱いと、軽んじられる。それが弱肉強食の国際社会だ。本稿は新幹線の中で書いているが、ちょうど前方のテロップ掲示板に「米国際貿易委員会: 東芝のフラッシュメモリーに特許侵害の疑いを指摘」、と反日魔女狩りニュースが飛び込んできた。こうした狡いジャパンバッシング・弱者虐め(東芝は事実上破綻しているのだから)は、昔からアメリカ人の常套手段であることを忘れてはなるまい。

トヨタの豊田会長が、米議会で謝罪及び巨額の’賠償金’ を米国政府から脅し取られた光景もまだ記憶に新しい。なんだったのかアレは?! そう、Japan Bashing. よく分からない濡れ衣を着せられ、すぐ謝罪するATM。それぞ日本。だから頻繁にbullyされる。’同盟国’なる幻想に惑わされず、狡猾な米国と対等に喧嘩する気概と実力を日本はつけなければなるまい。

法外な言い値で、我が国はペンタゴンからミサイル防御システムをどんどん買わされていることを忘れてはいけないね。

自主防衛できない国家の惨めな現実。

トランプがどういう決断を下そうと、対処できる国家たれ、Japan.

Good Rising!

雄乃字

覇権国家と三島由紀夫の肉汁

かつてジャパーンは、覇権国家であった。

1943年の秋、東京にアジアのリーダー・民族指導者たちが集まった。インド国民軍創始者チャンドラ・ボーズ、ビルマのバー・モウ首相からインドネシアおよびフィリピンの顔まで錚々たる顔触れを’アジア民族の白人からの解放’ という名目のもとで召集するだけの吸引力が、当時のジャパーンにはあった。

その大東亜会議を実務的にアレンジしたのは、他ならぬ重光葵だった。一外務官僚から外相まで登りつめた人物だ。1945年9月2日に、東京湾で降伏文書にサインしたのも他ならぬ彼であった。

今月の上旬、湯河原に足を運んだ際、そこに「重光葵記念館」なるものに偶然遭遇したが、週末しかやっていないらしくその日も閉館していた。

‘覇権国家’ を、英語では’Super Power’ という。74年前のジャパーンは、まさにそうであった。敗戦後、我が国は1951年のサンフランシスコ講和条約において覇権国家として生きる道を放棄した。というかさせられた。「平和国家」として生きていくということを、国際社会に対しプロミスしたわけだ。

ナンノコッチャない、それは戦勝国と敗戦国が「同盟」を組むとかいう、当初から構造の歪んだ東芝子会社・WESTINGHOUSE製の原発のようなアライアンスだった。冷戦後の覇権国家U.S.Aと、「平和国家」ジャパーン。おかげさまで我が国は防衛費を低く抑え驚異的な経済発展を実現したが、その代償として「自分で自分を守れない国」とかいうモノに成り下がってしまった。

そのアメリカ従属下請け工場ジャパーンに絶望し、1970年11月25日に腹を切ったのが他ならぬ三島由紀夫であった。バディビルで鍛えたそのジューシィな肉体は、東京裁判の舞台でもあった市ヶ谷大本営の地で血まみれとなり、桜の如く散った。

今年の1月、初めて訪れたポルトガルの片田舎の古本屋さんで偶然 YUKIO MISHIMA の「愛の渇き」英語版を見つけ歓喜のあまりすぐさま購入。10000キロ以上はるか彼方の宣教師フランシスコ・ザビエルの母国で、三島の葉隠れ精神は生きていた。というのも、現にアラサー風の店主が「ハガクレー ハガクレーノ」とレジ越しに鼻息荒く、うるさい日本人よりもうるさく迫ってきたのだから。

弱体化したアメリカ合衆国51番目の州ジャパーンは、バトミントン部の練習を終えた13才の女子中学生が拉致されることも防げなかった。1977年のことである。国家のために命を捧げた英霊を祀る靖国神社参拝を、外圧に屈しキャンセルしてしまった首相がいた。1985年のことである。自衛隊は違憲である、と連呼していた人物がわざわざ出さなくてもいい「戦後50年謝罪談話」なる意味不明の反省文を世界に発表してしまった。1995年のことである。

2010年、尖閣諸島沖である国の漁船が海上保安庁の巡視船を当て逃げしようとした。にも関わらず、ある「平和国家」のお偉方たちは失禁でもしたのか、その犯人を無罪釈放してしまった。

果たしてこれが、本当に今から74年前に「覇権国家」だったのと同じ国なのだろうか?! 大東亜会議は、その後1955年のバンドン会議へと’進化’ し、その後さらにAPECになった。重光葵に先見の明があったことは、戦後の歴史が証明している。

2017年現在、中国は南シナ海ですでに7つの人工島を建設し軍事基地化してしまった。「覇権国家チャイナ」誕生に向け、彼らは着々と準備を進めている。かたや「平和国家」の方は、ヘンな髪型の肥満児が核実験とミサイル発射という「2つの高級オモチャ」でいくら遊ぼうとも抗議しかできず、しかもその度に「ジャパーンは米国と共にあります」と自力で守れぬあまりママにすがり’共同声明’を出すのみ。

1947年憲法の9条をエクスキューズに、「先制攻撃はできません、爆撃機はもてません」と現実を直視しない某国に、かつての覇権国家の面影は皆無だ。

わたしは反米ではない、単に脱米なだけである。それが米国のためになることも、皮肉にもワシントンが一番知っている。ただもちろんのこと、ジャパーン自らのために脱米が急務であることを、わたしは去年の初夏に横田米軍基地26キロを6時間かけて一周して痛感したのだった。「日本人が立ち入り禁止の東京ドーム157個分の外国の基地」が、なんと首都の東京にあった。異常な大きさであった。

そしてまた、戦後70年経っても横田を拠点に安全保障を他国に任せっきりにしていることを異常と思わない「国」のボケた思考回路であった。ルネッサンスの文筆家マキャヴェリも警告してるぜ諸君、防衛を第三国に依存する国なんて地図から消えるとね。

ちなみに、新たな覇権国家チャイナ誕生前夜の今、逆にアメリカ合衆国はHealthcare改定案1つ通せないトランプ政権の力量不足もあって弱体化は加速する一方。

最悪なシナリオは、米中という2つの覇権国家がジャパーンの頭越しにベッドインする事態だ。アメリカが、the only Superpower だった時代は過去の話だ。我々自身が「平和国家」なる単なる「平和ボケ」からいい加減George Michael のごとく「Wake Up」し9条を改正せねば、そう遠くない将来「覇権国家のオモチャ ジャパーン」が誕生するであろう。

すでに戦前の日本が支配していた南シナ海は、中国共産党支配下へと急速にパラダイムシフトしつつある。四つ脚動物なら何でも食するという肉汁チャイニーズを食い止めるだけの力は、草食ジャパニーズにはもう残っていないかもしれない。核なき世界という理想論を掲げつつも、ワシントンの核の傘に守られて生き延びているという我が国の矛盾したダブルスタンダードの限界が先日の国連核軍縮会議「騒動」で垣間見えた。ご存知の読者もいるだろうが、日本は核兵器廃絶を唱える無数の国々にNOを突きつけたのだから。

偽善を捨てよ、肉を食おう。

覇権国家ジャパーンを今さら目指す必要は毛頭ない。しかし、せめて頭越しにベッドインされぬだけの筋力ビルドアップが急務だ。三島の肉体の如き軍事力が。それぞ平和とアジアの自由のために。ロックのかかっていない家など空き巣やりたい放題ですもの。

にも関わらずTOKYO薄化粧ボスは、半年経っても豊洲市場移転一つ決断できず、永田町とメディアはたかが幼稚園の案件で未だに思考停止。政争の具としてポリテックスを弄ぶ連中がトップに立つとどうなるか、それは今の崩壊寸前1兆円強の損失を出したTOSHIBAが反面教師。

そしてそんなビールっ腹の権力者を選んでいる連中こそ、最大の元凶。そう、キミだよそこにいるレギィンズの君!

あ、ところで安倍晋三小学校ってまだ願書受け付けてます?!

桜が待ち遠しい、うるさい日本人でした。

Good Rising!

雄乃字

北朝鮮によるミサイル発射と、ティラーソンと100円COFFEE

アメリカ合衆国の新国務長官 レックス・ティラーソン氏が、最近訪日したことは記憶に新しい。

ところが、同氏が日本滞在中に銀座線・溜池山王駅徒歩三分にあるアメリカ大使館にまったく立ち寄らなかったことは、殆ど知られていない。就任したばかりの米国外交のトップである ‘外務大臣’が、その訪問国の大使館に一度も顔を出さないことは通常では考えられないし、ましてやそれが初外遊先・初訪日となれば戦後の米国史上初めてではないだろうか。

トランプ政権で、唯一 ‘Predictable’なことは’Unpredictableなことだ’というジョークが少し前に、米国メディアを賑わせていた。新大統領に関し予測できることは、予測できないということだ、と。

いずれにせよ、ティラーソン氏に「素通りされた」赤坂の駐日大使館関係者にとっては決して気持ちいいものではあるまい。国務省も、彼らも軽視されたに等しい。そして一体誰が、どこで2017年のアメリカの外交政策を決めているのかも不透明であることが、この「赤坂素通り事件」でより深刻に浮かび上がったのも事実である。形だけの「同盟国」など、鼻であしらわれるだけだ。

That’s the essence of power politics.

 

 

「実力行使に備えよ」

“North Korea is behaving very badly” と、アメリカ大統領がツイートしたと3月24日付けでLos Angeles Times紙は報じた。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を名指しで「態度が極めて悪い」と非難したトランプだが、自分の最大公約だった ‘Healthcare’法案が、下院で拒絶された今、彼自身かなり「悪い」立場に置かれている。民主党議員のみならず、’味方’ 共和党議員からも見放された形だ。

内政の失策から国民の目を逸らすために、「国外と事件を起こす」ことは、ご存知中韓のお家芸である。反日を利用し竹島に上陸する、リー・ミョンバク元韓国大統領のような政治家は、一人や二人ではない。

先に挙げたティラーソン氏は、今回の東京・ソウル・北京を回ったアジア初外遊中、「言うことを聞かず核開発・ミサイル実験を一方的に進める北朝鮮に対し、実力行使も選択肢から外さない」と明言した。これはすなわち、金正恩政権を葬るために先制攻撃を仕掛けるということに他ならない。従来の米国の対北政策を180度ひっくり返す極めて重大な発言であるにもかかわらず、肝心の日本国民の方は’篭池アッキー100万円小学校’ とかいうどうでもいい軽いゴシップネタに鼻息荒く興奮している。

ワシントンが、明日突然平壌に ‘Pearl Harbor’ を仕掛ける可能性は十二分にある。なにせ’アメリカ軍最高司令官’は、いまや公式にドナルド・トランプなのだから。金正恩が突然、兄をクアラルンプール空港で暗殺する狂人であるならば、ホワイトハウスの新しい住人はそれ以上のことをやらかす素質十分。

ただ、ここで最大の問題なのは金王朝崩壊に直面した北朝鮮が、どさくさ紛れの’報復’として核弾頭を載せたICBMを、横田米軍基地と横須賀および厚木米軍基地に向けぶっ放してくるということである。米西海岸シアトルのスターバックス本店には届かなくても、正恩ミサイルは日本列島ならば確実に射程圏内。秋田県男鹿半島から、わずか250KM地点ほどの日本海に先週も四発着弾させたばかりであることは、記憶に新しい。

 

つまるところ、トランプの「暴発」で最大の危機に直面するであろう国は間違いなく我が国であり、我が民族だということだ。’瑞穂の国小学校’だかなんだか知らないが、ペテン師が失敗したそんな箱物どころか現に「瑞穂の国」そのものが北の核の脅威に晒されていることを強調しすぎることもあるまい。

浅はかなメディアよ、政治家連中よ、いい加減目を覚ませ。刑事訴追を恐れて証言拒否を繰り返し、昭和天皇の御名前を勝手に自社サイトで悪用するチンカスならぬチンピラの如き大阪商人如きに、振り回されるなかれ。「密室で首相夫人からお金をもらった」などという、反証不可能なつぶやきを信じるほど、日本国民というのは戦後72年間で劣化してしまったのだろうか。

うるさい日本人として、国有地値下げうんぬん以前でこちらのほうを危惧するね。

相変わらず上から目線で恐縮だが、Japanの国会議員なる連中の質はもはや7Elevenの自社ブランド100円Coffeeよりも遥かに劣化してしまった。

そもそも選挙に当選するためのパフォーマンスしか念頭にない劣化した政治屋たちに、劣化ウラン弾が東京23区に落ちることを阻止できるわけがないのだ。頼朝の父、源義朝は平安時代末期に己と主義主張が異なるとして実父を殺した。弱肉強食の武士の世、乱世とはそういう時代だった。

800年以上前のその古びた感覚で、実兄を他国で真っ昼間に毒殺する肥満独裁ファッティが、東京羽田空港からわずか二時間の距離にいる。しかもSky Treeに向けて核弾頭を載せた弾道ミサイルをスタンバイしているのだ。

トランプ氏のおかげで、その「ボタン」がいつ、どういう形で発射されるのかは、誰も予測できない。

カメラ目線でテレビの映り具合しか気にしていない政治家とは、いったい何なのだろう。国家滅亡前夜とは、所詮はこういうものなのかもね。

 

格安航空券で、先日陛下皇后さまがご訪問されたヴェトナムあたりに非難しますか。Jet Starか、Air Asiaどっち使おうかな。

 

Good Rising!

 

雄乃字

 

ファットバイクで、脱ファット

ファットバイクに、最近ハマっている。

2年ほど前に、バンコックで購入したものを訳あって今月初めて開封したのである。

名前を直訳すれば「肥満自転車」になるわけだが、確かにタイヤの幅は通常のマウンテンバイクの2倍強。うるさい日本人の’Super Fatty 号’ は、13センチぐらいはありそうだ。重さは、20キロ強。

元々は、2005年あたりにアメリカのアラスカ州で’雪の上でも走れる自転車’ ということで始まったらしい、このFat Bike。マイナス40℃でも凍らないようにと、通常のママチャリとは異なりディスクブレーキを装備。原付スクーターと同じブレーキだから、効き目は抜群。

都内で走っているのをチラホラ見かけるようになったけど、まだまだ少数派。一見’威圧感’が凄いため、通りすがりの人びとは好奇心タップリの表情で見る。肥満タイヤと地面が擦れて発生する豪快な走行音も、とても’自転車’とは思えない。

肉体トレーニングのために、ぼくは乗っているのだが、通常の道路よりもオフロードで乗る方が100倍楽しい。なにせ木の根っこや、急な段差などMTBで苦労しそうな山道でも Super Fatty ならばスムーズに走破できるのだから。気付いたら何時間も乗っていたりするので、体脂肪を燃やす、という本来の目的は充分に果たせつつある。

唯一の難点は、通常の駐輪場が使えないこと。肥満タイヤは、完全に規格外なので’まったく’ハマらない。

残念ながら、今日準決勝でアメリカ合衆国に負けてしまったワールド・ベースボール・クラシック。ぼくも応援したけど、兎に角打撃陣があまりにも打てなかった。1得点じゃあ、負けてもしょうがない。

日本野球の代名詞 ‘Small Baseball’ のスモールの真逆を行くファットバイク。

図体だけ大きくてリッター2Kmしか走らないという’Hummer’ のようなアメリカ車には正直惹かれない(最悪)けど、ビッグでチョット重めの’肥満自転車’は「脱肥満」のためには最高。

ケガもしにくいのでは。

規格、規格、規格で金縛り状態にあるジャパーン。

だからこそ、規格外がなくてはならない。さらなる便秘Japanになってしまうし、規格内だらけの国なんてフツーすぎてつまらない。

「そんな大きな乗り物で、この山を走るんじゃない! ただでさえマウンテンバイクで事故が多発してるんだぞ。な、なんだそのタイヤは!なんて常識が欠けている人だ」、と先日、怒鳴ってきた冴えないアラフィフ国産のおっサン(登山客。ここではジェフと呼ぶ)がいてね。

「はあ、良かったらあなたも乗ってみませんか?!」 と、うるさい日本人が言うと

「なんだと!もう一回言ってみろ!」
、と顔を真っ赤にし勝手に興奮している。

そもそも、その’常識’ って何だろう。誰が、いつ、どこで決めたんだろう?! また、怪我しようが事故ろうが自己責任でいいものを「MTBでスリップしたり転落した前例があるから君もやめろ」という、相変わらずの画一的かつ役人的な発想。

これが、我が国が過去25年間まったく経済成長していない最大の理由なのかもしれないね。アレをやっちゃダメ、これをやっちゃダメという「規制」と行政ルールが多すぎる。

Uber やLyftなどのシェアライド一つとっても、それが世界的潮流なのに年寄り国家ジャパーンだけが「それは白タクだ!」という古い寅さん時代の発想から脱却できない。よって禁止されたまま。

「CO2を削減し、地球温暖化を抑える効率的な Share ride」という新しい考えは、ジェフのような説教くさい日本人には理解できないんだね。

そもそも、最近東京都内のタクシーは、410円に’値下げした’ ことになってるけど、それは明らかに茶番で実際は値上げしている。最初の1キロだけ安くなるってだけのことで、それ以降は逆に距離あたりの料金は高騰しているわけだ。だいいち、1キロしか乗らない乗客なんて、殆どいない。

つまりあの「410円」ってのは、見せかけの「改革」、かつ既存のタクシー業界を保護するための騙し討ちであることに、ぼくらも気づかねばいけないね。あれは、実質的な値上げなんだ。

それもUberら新しいイノヴェーションから、既存勢力を守るための。言語道断。

そもそも新しいチャレンジには、壁や揉め事はつきものじゃないか。それを恐れて何もしないのでは、世の中は脳梗塞を起こしてしまうね。

「安全じゃないから、Super Fatty なんか乗るんじゃない」、というジェフの考えは今日、日本野球を破ったアメリカ合衆国では考えられない。あの国では、Grand Canyon 渓谷にさえフェンスがない自由の国。落ちたら自己責任だよ、と。

そういえば、先月訪れたユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルの Cabo da Roca (ロカ岬)にも、崖っ淵まで簡単に行けた。花束が添えられている場所もあったから、おそらく以前落ちた人がいたのだろう。

それでも、リスクを背負って楽しみたい人はご自由にどうぞ、とフェンスは設置されない。

海外では、それが’常識’。

そういえば、安全と安心を適当にねちねち織り交ぜてそれを表向き理由にフィッシュ・マーケットの移転を7月まで遅らせようとしている薄化粧レディーが、極東のどっかにいたような。

結局は、彼女もリスクを背負えないジェフと同じ。住民投票するって?! それは責任回避というもので、リーダーとして失格。無責任。

このままじゃあ新しいTOKYO など、夢のまた夢。

ドンドンいこう、規格外!

Good sharing!

And Good Rising!

Thank you.

雄乃字

New! 二刀流コンテンツ「JB」スタート! うるさい日本人の静かな考え

こんにちは。うるさい日本人、谷山雄二朗です!

今日から、新しいコンテンツがキックオフしました。

その名もズバリ、「JB」。

Diary, Blog, Column, Essay, Movie, Sound, Japanを足して、7で割ったようなコンテンツ。

Global Digital Entertainment. そんなイメージ!今後いったい何が飛び出してくるのか分からないでいるのが本音。

ちなみに、この「JB」は、次のacronym, すなわち頭字語を意味している。

J = Japan、Jump(跳ぶ)、Join(合体する、つなぐ)、Joke(ユーモア、滑稽、じょうだん、おどけ)、Jubilant(歓喜と熱狂あふれる)、Journey、Journalism、地侍、熟慮、自立国家、自尊独立、神社、JoyJump

B=Broadcast, Bushido, 冒険、Boundless(無限の)、Borderless(国境なき)、文章、Bold(大胆)、Blog、ばか者たれ、Bilingual、Buddhism(仏教)、爆発力、Bilateral(相互の)、Benevolence(寛容の精神), Battle (戦い)、Ballistic(弾道の)、Beautiful, Beer, Beginning(はじまり)、Biscuit, Brave(勇敢な)、Bravo(ブラボー)、Brightly(明るく!)

「英国にhumorあり、米国にjokeあり、そしてフランスにwitあり」とはよく言われるけれど、じゃあ日本にはその国民性を現す何があるのか?! う〜ん、これがなかなか難しい。勤勉は確かに美徳だけれども、どうも日本人は基本的に’まじめすぎる’(笑。ぼくを除いては)。それでは、InnovationにつながるIDEASはどうしても生まれにくくなる。ただでさえ超マニュアル社会なのだから。

前途有望だった電通の新入社員は自害してしまった。あれは明らかに国家的損失だった。そして、今や’Karoshi’という言葉が世界用語になってしまっている。極めて残念なことだね。

よってこれから始めるこの「JB」では、あえてその真面目の真逆を行き、極めて軽い気持ちでアップデートしていこうと思う。そう、最も軽いとされる元素ヘリウムよりもライトに!気張らずに。何も不真面目というわけじゃないけど、’うるさい日本人’の直感を読者視聴者のみんなに話しかけるようなスタイルでぶつけていきたい。そして、典型的な「デス。マス調」とは当然さっさとおさらば! 文科省の認可が必要な教科書じゃあるまいし。

地球上には七十億人以上いるというのだから、一人や二人ヘリウムよりも軽いうるさい浪人がいてもいいじゃないか。(勝手に自己正当化!)

よって「JB」のカラーは、限りなく自由に、限りなくファンキーに。「コイツちゃらいな、ゆるいっての、ゆるキャラか?」と憤慨される方も、大歓迎!固定観念なんてぶっ飛ばす。ただでさえ65歳以上が3000万人以上いる老人国家ジャパーンなんだから、時代遅れの規制どんどん撤廃すべき。シェアライド、シェアエコノミー大賛成。新しい、自由な発想が日本を面白くする!そして何と言ってもSTRONGすなわち「強く」する。世界で輝く。だってこのまま傍観していたら最近暴走中の左側のチャイナさんや、右側にいるカツラのアメリカさんにペロッと弄ばれて平らげられちゃうよ。

先述した「英国にhumorあり」の流れで行くと「日本にFunkyあり」からさらに加速し「日本にJBあり」と2020年には言われるところまで、なんとかもっていきたい! 目標は富士山よりもぐっと高く!(3776mしかないけど)

“New! 二刀流コンテンツ「JB」スタート! うるさい日本人の静かな考え”の続きを読む