障害者雇用の水増し、ラーメン二郎の増しまし

Editor in Chief 谷山雄二朗

 

ラーメン二郎が、好きだ。三田本店と、目黒店がお気に入り。

なんたって本店には、創業者のオヤジさんがいる。その肥えたパグのような人懐っこい笑顔は、カウンター席の客を魅了せずにはいられない。

その日は、雨だった。

ちびまる子ちゃんの漫画本を三冊、古本屋で入手した後にぼくは本店に向かった。夕方の閉店間近だったこともあり、幸運にも行列に並ぶことなくすぐに座れた。

「小ブタ」

のチケットをカウンターの台の上に置いた。

左右を見渡すと、みなスーツを着たサラリーマン風の男たちだった。遅い昼飯か、早めの夕食か単なるおやつ代わりか、それは知らない。

数分後、三十代風の若手のマスター(オヤジさんはこの時間は、なかなかいない)が、一番左側の席から順にお好みトッピング・リクエストを聞き始めた。ラーメン二郎恒例の光景である。野菜、にんにく、濃いめ、油の四種類の希望を出せる。

沢山欲しい場合は、「マシマシ」と言えばよい。

昭和六十一年に出た「ちびまる子ちゃん 第一巻」をリュックにしまい、ぼくはリクエスト体制に入った。

左片隅にいた太った五十代風の油ギッシュな男が、言った。

「障害者マシマシ」

マスターが答える。「へい、何人ほど?」

「125人」

外務省吾というネームプレートを首からぶら下げたその男は、宋の宦官のような小さな声で言った。

「アンタんところは確か、点検前は150名だったね。ってことは、結局25名しか障害者を雇用してなかったってことか」

腹をすかせた外務氏は、媚びるような目で無言を貫いた。激昂したマスターは、チェンマイから最近取り寄せた激辛の青唐辛子125本分のエキスをチャーシューの裏に密かに混入した。

 

その隣りの男は、環境省吾という名前らしかった。少なくとも、ネームプレートにはそう書いてある。

「え〜っと、障害者マシマシ」

マスターが頷く。「どれくらいで」

「31名」

「アンタんところは、点検前は46名だったね。ってことは、結局15名しか障害者を雇ってなかったってことか」

タイ産青唐辛子31本分の透明エキスが、密かにチャーシューの下に混入されカウンター越しに出された。

 

その隣の客は、文科省子という名前だった。

最初は男だと思ったが、女のようだ。よくよく見ると、ヒゲが生えていないし、第一にのどちんこがない。

「私も、障害者マシマシで」

「へい、どれほどで」

「35名でお願いします」

「アンタんところは、確か先週は51名だったね。ってことは、結局16名しか車椅子の人材を雇ってなかったってことか」

文科省子は、アラフィフ風ながら髪はポニーテールにチェック柄ミニスカートという苦しすぎるセルフ・プロデュースに徹していた。マスターは苦笑いしながらも、容赦なく青唐辛子ペキヌンを35本瞬時におろし、それをチャーシューの裏に入れた。

 

ちなみにこの「ペキヌン」には、CIAとジェームズ・ボンドのMi6が共同開発した超特殊加工が施されており、食後60分後にその地獄の辛さが体内に広がり始めるという、恐ろしい生物兵器なのだった。マスターは、TBSの水戸黄門を3才の頃からこよなく愛していたため、社会正義のためには少々荒治療が必要だと考えていたのである。

確かに、よく見ると両脇でアシスタントを務める二人は、スケさんとカクさんクリソツであった。

 

朝から何も食べていなかったぼくは、もうお腹がペコペコだったが、自分の番が回ってくる前にもう一人いた。

そのオッサンは、ビールっ腹でみるからに悪人面をしていた。紳士服の赤山のグレースーツにその痩せ身を包み、決して人と目を合わせなかった。「国税庁二郎」なる名札を首からぶら下げた彼は、ラーメン二郎のなかで最も高額モンスターメニュー「大ダブル」を注文していた。

 

「障害者雇用マシマシ」

コクゼイチョージローは、張った声で言った。

マスターは、50時間煮込んだ豚骨スープを巨大ドンブリに注ぎながら「へい、どれほどで」と答える。

衝撃が店内に走ったのは、すぐその直後のことだった。

「1022名」

数秒間、間があった。

「アンタんところは、確か点検前は1411名だったね。ってことは実際は389名しか障害者を雇用してなかったってことか」

国税庁二郎は、うつむいたままお箸を握りしめている。

「せ、千名以上の水増しだぜ旦那。どう責任をとってくれるんだ、ん?」山口組(分裂前)の大ボスを彷彿させるレーザー視線が、国税氏のブヨブヨの肉体にぶすぶす斬り込んでいく。

いつの間にか、同氏の足元が若干湿っているのが見受けられた。小刻みに震えながらあろうことか彼は失禁していたのである。

ペキヌン1022本分が、巨大チャーシューの裏に秘密裏に練り込まれたことは言うまでもない。天下のラーメン二郎とはいえ、これは人智を超えた辛さというか、肉体の許容量を遥かに超えている。タイ産の青唐辛子というのは、通常小さな一本噛んだだけでも口から火が出るわけで、その火傷症状は1時間は続く。その千倍が、何を意味するかは今更説明するまでもなかろう。

そんなことも知らず、厚顔無恥なペテン師・国税庁二郎は「大ダブル」が出されるやいなや一気にがっついた。下半身垂れ流しのまま。

 

 

「はい、お兄さんどうしますか」

ようやくぼくの出番がやってきた。

「野菜ニンニクましまし、濃いめ」

白い歯を見せながら、マスターは分厚いチャーシュの上にモンスター級のトッピングをのせてくれた。まるで富士山だ!麺も、もやしも、にんにくもすべてコボレそうなくらいの増しまし。

 

ぱくっ。

 

熱い「小ブタ」を頬張る。最初の一口。とろける旨さ。ぼくは隣の男が失禁していることも忘れ、ただただ夢中にラーメンを頬張った。

 

 

食べている間、次の会話が交わされた。

国交省吾「障害者マシマシ604名」。

総務省吾「障害者マシマシ70名」。

財務省五郎「障害者マシマシ170名」。

法務省子「障害者マシマシ540名」。

経産省太郎「障害者マシマシ101名」。

防衛省二「障害者マシマシ315名」。

内閣府子「障害者マシマシ27名」。

農水省吾「障害者マシマシ169名」。

気象庁美「障害者マシマシ57名」。

 

 

この日、ラーメン二郎三田店は創業以来初めてタイ産のペキヌン3460本分を使い切った。

つまり、それだけの障害者雇用が水増しされていたことが判明したのである。この唾棄すべき事態に、マスターは閉店後に食器を水洗いしながら本音を吐き捨てた。何を隠そう、ぼくは食べるのが極端に遅いので店じまいしてからも一人居残り食っていたのである。

「あのさ、障害者雇用促進法は一般企業に対しては、国の法定雇用率2.5%をちょっとでも下回ると不足数一人あたり50,000円の罰金が課されることになっている」

「ご、ごまんえんっすか?」

完食まであとちょっとだ。ラード、いやスープをぐいっと飲む。ああ、これ毎日やると身体に悪そう。

「そうだ。べらぼうに高い。にもかかわらず、国税庁二郎や法務省子、さらには地方自治体らがみな平気で雇用している障害者数をマシマシしやがった。ペテン師もいいところだ」

満腹のお腹に、最後のひと押し。それでも食えるから不思議だ。

「にもかかわらず、だ。信じがたいことにアイツらが不正を行ってもまったく罰金がない。不公平もいいところじゃねえか!」

ガシャン!パリン!マスターが洗剤できゅっきゅ擦っていた小グラスが、そのブルブル震える怒りを反映するかのように粉々に割れた。

 

その晩、防衛省二や外務省吾らはみな塗炭の苦しみに悶えていた。

 

お腹が次第に炎上し始めたのである。まるで胃腸が100均のナイフで切り刻まれていくような痛みだ。

しかも、恐るべきことにその「青唐辛子の呪い」は、食べた人の職場の連中全員にも確実に「シェア」されるよう、CIAとMi6は今年はじめ遺伝子組み換えすることに成功したのであった。そしてラーメン二郎本店が輸入したのも、まさにその最強型なのだった。

 

目には目を、歯には歯を。

 

翌朝、内閣府を含む27の中央省庁の職員が全員、A級の下痢でトイレから離れられないことが判明。国家機能が麻痺する緊急事態に陥った。しかもマシマシ詐欺を働いた度合いが高い省庁ほど、事態は深刻だった。国税庁二郎およびその同僚たちにいたっては、結局一年間出勤出来ず、全員が依願退職する羽目になったのである。

 

内閣も、役人もたるんでいる。

ただ、そんなペテン師たちに天罰を下したのが、まさか日本一美味しいラーメン屋だったことは、未だに下町の三毛猫さえ知らない。

 

 

おわり

 

 

この物語は、フィクションです。登場人物、状況設定はすべて架空のものです