韓国で三百万人を突破した大ヒット「慰安婦映画」に対する
"ワクチン"は、あなたの英語REVIEW
April 15, 2016        JB 編集長 谷山雄二朗

最新の文芸春秋によると、「帰郷」ならぬ「鬼郷」なる慰安婦映画が、お隣りソウルで大ヒットしているらしい。なんせ三百万人を突破したというのだから、これはもう韓国映画界としてもビッグビジネスだ。今後も「鬼郷2」「鬼郷 4K」と高画質シリーズ化していくに違いない。また、まもなく発売されるこの「文芸春秋五月号」記事の冒頭に京畿道にある元慰安婦支援施設「ナヌムの家」の所長 - が紹介されているが、このお方は安シングォン氏といい、ぼくも現地で会ったことがある。50代半ばだろうか実に温厚な方だったが、英語はまったく喋れなかったのでそこで働いている在日の方に通訳して頂いた。残念ながら会話は平行線を辿り「解決」への道筋はつけることは出来なかった。

13日に行われた韓国総選挙は、与党の過半数割れという惨敗に終わった。これは、政府と朴政権が去年の12.28に調印した「慰安婦合意」が事実上の白紙撤回になったことを意味する。だいいち、10億円を日本政府から受け取る代わりに在ソウル日本大使館から慰安婦像を撤去することは、今回の敗北で弱体化した朴氏には無理に違いない。

さて、そこで唐突で恐縮だが、こちらをご覧頂きたい。

スコッツボローガールズ アマゾン レビュー IMDb Amazon review Scottsboro Girls.png



これは、Amazonが誇る世界最大のIMDb = インターネット・ムーヴィー・データベースにある「スコッツボロー ガールズ」ページである。惜しくも再来週の4月28日(独立回復日)、ぼくがディレクターを務めたこの作品は全米発売1周年記念を迎えるのだ。そこで親愛なる読者のあなたに一つお願いがある。m(_ _)m このIMDbページに「ENGLISHでレヴューを書いて欲しいのだ」。アマゾン、Google, FBアカウントからログイン出来るほか、新たにこのサイトで作ることも可能。ただし、この世界で最も観られている映画データベースは英語のみで受け付けているので、そこは一つ横文字苦手なあなたにもぜひ奮発して頂きたい! 文法など適当で構わないので、「英語はちょっと」という諸君もここは一つ、日本のためだと思ってスマホかPCから書き込んでもらえると嬉しいです。ちなみに評価(☆の数)は、ポチっと押すだけでOK. また先月、シンガポールの父ことリー・クアンユーの哲学をもとにブログを書いたが、事実関係を無視した被害者妄想というは危険だと改めて感じている。尖閣諸島問題、北方領土を含め歴史というのは常に現在進行形であり、同時に日本人である我々にとって避けて通れない課題であることも、どう否定できよう。



ところで、まだDVDをご覧になっていない方は、「スコッツボローガールズ Trailer」をご覧頂くないしは、ぼくがこよなく尊敬するジャーナリスト櫻井よしこ先生のコラムをお読みになった上で、レヴューを書き込んで頂きたい。言論の自由ジャパンなので、もちろん映画への批判も大歓迎です。




「鬼郷」英語版への先手を打つ

ここ極めて重要なことは、そして谷山某が危惧しているのは、先述した韓国で三百万人を動員している大ヒット慰安婦映画「鬼郷」が、今後英語字幕を付けて海外で流通を開始した時の悪影響である。揉めごとを避ける日本人のロビー活動が極端に弱く、逆に中韓がめっぽう強いことは今や国際社会の常識だ。だからこそ、今回の「病理」は決して過小評価してはならない。先の文芸春秋の記事は「どう好意的に考えても、実話をもとにしたストーリーとはいえない」と指摘している通り、韓国側は歴史の事実関係を徹底的に無視し、それを巧みに歪曲するプロフェッショナルなのだ。だからこそ、世界中の映画ファンがアクセスしているこのアマゾンのIMDbに、我々日本人の、日本人による真実を重んじる世界の人々のためのENGLISHメッセージを掲載することが中長期的に、必ずやボディーブローのように効いてくると私は強く信じる者である。たかが慰安婦、されどイアンフ。歴史戦は長期戦になる。そして僭越ながら谷山某は、外国人日本人を問わず1人でも多くの人が "Scottsboro Girls" を観てくれれば、それだけ世界が嘘と捏造から解放されることを確信している。大予算「鬼郷」の動員数三百万人に対し、弊社JBの低予算「スコッツボロー ガールズ」のそれは、現時点でおそらく1000分の1以下だろうが、それでもなお「残虐な戦前の日本軍」とのステレオタイプなレッテルを貼られ続けることに対し、ぼくは傍観できないのである。ましてやそれが二十万人の強制連行された性奴隷という、根拠なき捏造をベースにしているならばなおさらだ。それは、先にあげた予告編のみならず、ちょうど去年の今頃に米国ワシントン州で行った "Racism America & Sex Slaves" - U.S Premiere 上映の舞台挨拶スピーチでも明らかだと考える。ちなみに、内外問わずより多くの人に観てもらうべく会社としては国内のみならず海外へも送料は無料にしている。

ソウル発のプロパガンダ映画に対し、スマホ一つあれば対抗できる;それこそが、あなたによるIMDbへの英語レヴューなのだ。繰り返すが、上手な、上品な綺麗な英文などまったく必要ありません。中国人の凄さは、文法は主語と述語が真逆なのに押し切ってしまう、伝えてしまうあの荒削りさであり我々日本人に逆に決定的に欠けているものではないだろうか。言語は所詮はツールにすぎない。間違えても恥ずかしくともなんともない、そうした「脱鎖国思考」こそがこの21世紀の今、求められている。

中高大生の英語教育に携わっておられる方は、ぜひともこれを宿題として生徒たちに出して頂けたら、一石三鳥それ以上。

なにとぞよろしくお願いもうしあげます。

Thank you very much, and a good luck to you.



谷山雄二朗





「鬼郷」
鬼郷 - スコッツボローガールズ 英語レビュー JB.jpg

sit.jpg











































William Wallace Hero - Japan Broadcasting.net.png